instagram
twitter
facebook
contact Gonzo、つむぎね、クリストフ・シャルル × 柴田聡子らが出演する、実験的アートイベントが2日間に渡り開催。

2015.03.11.Wed - 03.12.Thu | 愛知県芸術劇場 小ホール(栄)

leaf_w

3月11日、12日の2日間に渡り、舞踏、音楽、さまざまな要素が複合したアートイベント「サウンドパフォーマンス・プラットフォーム」が開催される。会場/主催は、愛知県芸術劇場。

同イベントは、2006 年から開催してきた公募企画「AAC サウンドパフォーマンス道場プロジェクト」から、今までの流れを汲みつつ、よりたくさんの作品と出会える場(=プラットフォーム)に変容したもの。

contact Gonzo @ニューヨーク近代美術館(MoMA)

今回は、一般公募から選ばれた7組のアーティストに加え、各日2組のゲスト・アーティストが登場。あいちトリエンナーレ 2010 やニューヨーク近代美術館(MoMA)などでパフォーマンスを行っている contact Gonzo、2008 年度トーキョー・エクスペリメンタル・フェスティバル最優秀賞を受賞したつむぎね、大学で教鞭を執るフォルマント兄弟クリストフ・シャルルと個性派ぞろい。また、現代アーティストだけでなく、クリストフ・シャルルの共演者として東京在住のSSW・柴田聡子も名を連ねる。地元・名古屋在住のアーティストも一般公募枠で登場し、全11組のラインナップとなっている。

アートコンプレックス2014 つむぎねパフォーマンス「さく」

コンテンポラリーアート〜東京インディーの一端までを “体感するアート” という軸を基点にスクランブルさせたともいえる、企画性に溢れた内容に。平日開催ではあるものの、まるで小さなアートフェスティバルのような貴重な2日間となるだろう。

<ゲストアーティストのプロフィールは以下の通り>

—1日目—

contact Gonzo (コンタクト・ゴンゾ)

gonzo02

2006 年、塚原悠也と垣尾優により結成。肉体の衝突を起点とする独自の牧歌的崇高論を構築し、即興的なパフォーマンス作品や映像、写真作品を制作。現メンバーは塚原悠也、三ヶ尻敬悟、松見拓也、小林正和。あいちトリエンナーレ 2010、国立国際美術館「風穴」展(2011)、ニューヨーク近代美術館(MoMA)、京都国際舞台芸術祭 2014 ほかに出演。セゾン文化財団助成対象アーティスト。トヨタコレオグラフィーアワード 2014 ファイナリスト(塚原悠也として)。

つむぎね

つむぎね

2008 年宮内康乃を中心に発足した音楽パフォーマンスグループ。個々が音の一つの粒子となり、ぶつかり合い、変化、融合することによって空間上の響きを紡ぎ出していくパフォーマンスを展開。2008 年度トーキョー・エクスペリメンタル・フェスティバル最優秀賞受賞。

—2日目—

フォルマント兄弟with岡野勇仁

フォルマント兄弟 with 岡野勇仁

フォルマント兄弟は、三輪眞弘(兄)と佐近田展康(弟)という父親違いの異母兄弟によって 2000 年に結成された作曲・思索のユニット。テクノロジーと芸術の今日的問題を《声》を機軸にしながら哲学的、美学的、音楽的、技術的に探求し、21 世紀の《歌》を機械に歌わせることを目指す。

岡野勇仁は、フォルマント兄弟の合成音声歌唱作品をMIDIアコーディオンやMIDIキーボードで演奏している世界でも唯一の演奏家。深川芸術祭主宰。リサイタルから紙芝居まで多彩な活動をおこなう。

クリストフ・シャルル&柴田聡子

クリストフ・シャルル柴田聡子

クリストフ・シャルルは、メディアアートを専門に、現代芸術における理論的・歴史的な研究を行いながら、国内外・空間を問わずインスタレーション及びコンサートを行い、それぞれの要素のバランス、独立性及び相互浸透を追求。主な作品には、東京成田国際空港第一ターミナル中央アトリウム常設サウンドインスタレーションや、大阪市住まい情報センターモニュメント音響(山口勝弘監修)、作曲やコンサート活動のほか、ダンサー、ミュージシャン、造形作家とのコラボレーション多数。

柴田聡子は、2010 年より都内を中心に活動を始める。ヴォイス、ギター等を用いて、アルバム制作、ライブを行う。自主レーベル「shibata satoko」にて『いじわる全集』を発売。

イベント情報

2015 年 3 月 11 日(水)、12 日(木)

サウンドパフォーマンス・プラットフォーム
※2日間ともに、19:00〜
会場:愛知県芸術劇場 小ホール(名古屋市東区東桜一丁目 13 番 2 号)

料金:
一般: 2 日通し:4,000 円/ 一般単日:2,500 円
学生(25 歳以下):単日:1,000 円 (いずれも入場整理番号付き自由席)

 

出演:
3/11(水)
【ゲスト】
contact Gonzo
つむぎね
【一般公募】
井藤雄一「fmiDms」<愛知県>
今村達紀「関節話法」<京都市>
藤田将弥「It’s Automatic」<愛知県>
scscs「ら せんかい てんてんてん」<東京都>

3/12(木)
【ゲスト】
フォルマント兄弟 with 岡野勇仁
クリストフ・シャルル&柴田聡子
【一般公募】
Flat Sucks + 市川まや「世紀末大運動界 シューベルト[魔王]」<大阪市>
野老真吾「大きい楽器による小さい音のための[私を寝かせてください]」<名古屋市>
真都山みどり(エムエム研究室)「野生の森~即興ピクニック vol.2」<名古屋市>

問:
愛知芸術文化センター内プレイガイド  TEL 052-972-0430(平日10:00-19:00/土日祝10:00-18:00/月曜定休、祝日)http://www.aac.pref.aichi.jp/
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード254-465) http://t.pia.jp/ 
※サークルK・サンクス、セブンイレブンでも購入可能

 

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー