instagram
twitter
facebook
子どもから大人まで世界中にファンを持つ絵本作家、安野光雅による展示が開催。

2015.04.18.Sat - 06.07.Sun | おかざき世界子ども美術博物館(岡崎市)

anno1
《斜塔》(空想工房の絵本)©空想工房

 『ふしぎなえ』『旅の絵本』など、数々の絵本を手掛けている安野光雅の展覧会が、4月18日からおかざき世界子ども美術博物館にて開催される。

 島根県津和野町で生まれた安野光雅は、美術教師を経て35歳の時に絵描きとして自立し、42歳の時に文章がない絵本『ふしぎなえ』(福音館書店)で絵本作家としてデビュー。フランス旅行で目にしたエッシャーに大きな感銘を受け制作されたこの絵本は、安野の代表作のひとつになった。その後も好奇心と想像力の豊かさで、独創的な絵本を次々と発表し、世界各国で翻訳され人気を博している。
 安野は昭和44年から11年にわたりサイエンス雑誌『数理科学』の表紙絵を手掛け、多くの科学者や数学者たちの関心を集めた。本展では、この作品が収録された『空想工房の絵本』(山川出版社)が2014年に出版されたのを契機とし、これまでなかなか展覧会などで取り上げられてこなかった『数理科学』の表紙絵の原画を中心に展示する。

安野光雅の、緻密な描写と遊び心にあふれた「実際にはありえないが、実在するかのように描かれた」ふしぎな世界は、きっと私たちの無限の創造力を引き出してくれるだろう。

anno2
《ロングドレス》(空想工房の絵本)©空想工房

イベント情報

4月18日(土)~6月7日(日)
安野光雅が描くふしぎな世界『空想工房の絵本』展
会場:おかざき世界子ども美術博物館 愛知県岡崎市岡町字鳥居戸1-1
開館時間:9:00~17:00 ※入館は閉館30分前まで
休館日:月曜(ただし5月4日[月・祝]は開館)、4月30日(木)、5月7日(木)
観覧料:一般600円 小中学生100円
問:0564-53-3511

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー