instagram
twitter
facebook
楽しみながら学べる現代アート。トリエンナーレスクールが開講。

2015.05.31.Sun - 09.27.Sun | 愛知芸術文化センター (栄)、名古屋市美術館2階講堂(伏見)

tori

2016年に開催するあいちトリエンナーレに向け、現代アートを楽しみながら学べるレクチャー形式のトリエンナーレスクールが開催されている。

本講座は、各分野の第一線で活躍する専門家をゲストに迎え、あいちトリエンナーレ2016のテーマ「虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅」に込められた人間の創造性について、様々な角度から読み解くレクチャーシリーズ。

第7回は、あいちトリエンナーレ2016公式デザイナーである永原康史氏がゲスト。デザインが国際展や都市に果たす役割について考えながら、あいちトリエンナーレやデザイン都市なごやの未来を展望する。第8回は、東京藝術大学美術研究科博士リサーチセンターの五十嵐ジャンヌ氏を迎え、旧石器時代に描かれた洞窟壁画から人間の創造の起源に迫る。第9回はアメリカのテクノロジー系DIY工作専門誌『Make:』から起こった「Makerムーブメント」とアートとの関係とその可能性についてIAMASの小林茂教授と共に語る。

各回、参加費無料(申込不要)。

イベント情報

5月31日(日)
トリエンナーレスクール 第7回「デザインが国際展を変える!都市を変える!」
会場:愛知芸術文化センター12階アートスペースA  名古屋市東区東桜1丁目13-2
時間:14:00~15:30
ゲスト:
永原康史(あいちトリエンナーレ2016公式デザイナー)
ジョジアンヌ・フラン(サンテティエンヌ市シテ・ド・デザイン国際部長兼高等美術デザイン学校国際部長)
マリ=ジョゼ・ラクロワ(モントリオール市都市経済計画部デザイン担当局長)
進行役:江坂恵里子(国際デザインセンター)

7月25日(土)
トリエンナーレスクール 第8回「創造するホモ・サピエンス 洞窟壁画にみる人類のクリエイティビティ」
会場:名古屋市美術館2階講堂 名古屋市中区栄2丁目17-25
時間:14:00~15:30
ゲスト:五十嵐ジャンヌ(東京藝術大学美術研究科博士リサーチセンター)

9月27日(日)
トリエンナーレスクール 第9回「Maker×Art Makerムーブメントが広げるアートの可能性」
会場:愛知芸術文化センター12階アートスペースE・F 名古屋市東区東桜1丁目13-2
時間:14:00~15:30
ゲスト:小林茂(情報科学芸術大学院大学[IAMAS]産業文化研究センター教授)
進行役:河村陽介(NODE-lab 主宰)

定員:5月31日(日)、7月25日(土) 180名
   9月27日(日) 60名

問:052-971-6127(ダイヤルイン)
  http://aichitriennale.jp/index.html

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー