instagram
twitter
facebook
シンプルで美しい、文字のない絵本が世界中で大人気のイエラ・マリの展覧会が開催。

2015.07.18.Sat - 08.30.Sun | 刈谷市美術館(刈谷市)

mari1イエラ・マリ『あかいふうせん』試作本

イタリア出身のイラストレーター、イエラ・マリの展覧会が7月18日から刈谷市美術館で開催される。

イエラ・マリ(1931‐2014年)は1950~60年代、経済成長期の中でイタリアのデザイン発信地となっていたミラノで制作を始めた。当時生活を共にしていたデザイナーのエンツォ・マリと、子育てをしながら絵本のアイディアを練り、1960年『りんごとちょう』を発表する。その後イエラは、イタリアの子どもの本の歴史に大きな足跡を残したエンメ出版と出会い、代表作『あかいふうせん』『木のうた』を含めた8冊が刊行された。

テキストに頼ることなく、生命の循環や形態の移り変わりを絵が物語っていくイエラ・マリの絵本は、現在も多くの人たちに影響を与えつづけている。本展では、日本初公開の絵本原画や試作本など約150点を展示。わずか10冊に満たない絵本で忘れえない作家となったその仕事と知られざる生涯に迫る。

また各国で出版されているさまざまな「字のない絵本」もあわせて紹介する。

mari2
イエラ・マリ『たべちゃうぞ』試作本

mari3
イエラ・マリ『木のうた』 原画

イベント情報

7月18日(土)~8月30日(日)
イエラ・マリ展  字のない絵本の世界
会場:刈谷市美術館 刈谷市住吉町4丁目5番地
開館時間:9:00-17:00 ※入館は閉館30分前まで
休館日:月曜(ただし7月20日[月・祝]は開館)、7月21日(火)
観覧料:一般300円、学生200円、中学生以下無料
問:0566-23-1636
http://www.city.kariya.lg.jp/museum/exhibition/schedule/IeraMari.html

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー