instagram
twitter
facebook
宇宙と自然をテーマに、美しい光と音がコスモドームを包み込む。電子音響音楽と自作投影装置によるパフォーマンスライブ「ゆらぎ、ささやき」が開催。

2015.07.31.Fri | 大垣市スイトピアセンター(岐阜県大垣市)

yuragi1

作曲家の大久保雅基と映像作家のScott Allen(スコット・アレン)による光と音のライブパフォーマンス、プラネタライブ「ゆらぎ、ささやき」が、7月31日(金)に大垣市スイトピアセンターにて開催される。

同イベントでは、大垣市内で録音した音と電子音を融合し、複数のスピーカーを巧みに使い様々な方向から出力するサウンドパフォーマンスと、レーザー光を用いた自作の投映装置による映像パフォーマンスがライブで行われる。普段はプラネタリウムとして使われている会場を生かした、壮大で幻想的な演出にも注目したいところ。

今回のパフォーマーである、大久保雅基とScott Allenは、現在、両者ともに情報科学芸術大学院大学(IAMAS)に在籍中。大久保雅基は、ダンスミュージックから現代音楽、さらにはエレクトロアコースティックミュージックまで様々な音楽ジャンルを網羅し、国内外のコンサートにて作品が上映されるなど多方面で活躍中。Scott Allenは、WOZNIAKのライブビジュアルをはじめとして、数多くのアーティストのミュージックビデオなどを手掛けている。またイベントでは、SNSの投稿データの可視化映像や、スマートフォンで操作できる参加型の空間演出など、最新テクノロジーを駆使した高揚感のある演出にも力を入れている。

そんな2名のクリエーターが挑む今回の企画。それぞれが持ち合わせる個性と才能が織り成す新感覚のパフォーマンスに期待度は高まる。“視覚”と“聴覚”を同時に刺激する新しい芸術体験を目の当たりにするだろう。

 

 

 

イベント情報

2015年7月31日(金)
プラネタライブ「ゆらぎ、ささやき」 ―電子音響音楽と自作投影装置によるパフォーマンスライブ―
会場:大垣市スイトピアセンター コスモドーム(学習館1階)  (岐阜県大垣市室本町5-51)
時間:17:00~18:00(開場16:45)
定員:150名(全席自由)
入場料:500円 ※3歳未満は膝上鑑賞可、席が必要な場合は有料
主催:(公財)大垣市文化事業団 (大垣市指定管理事業)
協力:情報科学芸術大学院大学(IAMAS)
お問い合わせ&予約:(公財)大垣市文化事業団
事業課 科学展示係 TEL:0584-84-2000
詳細:http://www2.og-bunka.or.jp/event/data_487.html
※強い光を扱います。光刺激に敏感な方はご来場の際はご注意ください。

大久保 雅基(おおくぼ もとき) 1988年宮城県仙台市出身。洗足学園音楽大学 音楽・音響デザインコースを成績優秀者として卒業。現在、情報科学芸術大学院大学(IAMAS)メディア表現研究科 修士課程在籍。松尾祐孝氏、森威功氏、三輪眞弘氏に師事。テクノロジーを通じて、素材が持つ個性を拾い上げながら、音楽形式を再構築する作品の制作を行っている。また、作品は国内外のコンサートで上映されている。 http://motokiohkubo.net/

Scott Allen(スコット・アレン) 2008年よりWOZNIAKのライブビジュアルを担当したことをきっかけに活動を開始し、様々なアーティストのミュージックビデオの制作を担当。オーディオリアクティブをキーワードに、プログラミングを用いてリアルタイムに生成した映像表現を行う。現在、情報科学芸術大学院大学(IAMAS)に在籍。研究領域を「ビジュアルパフォーマンスの演奏可能性」とし、近年の表現形態にとらわれない実験的な活動を数多く展開する。 http://scottallen.ws/

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー