instagram
twitter
facebook
イラストレーター・鷲尾友公が故・粟津潔、DF.SQEZと3人展を企画。キューバでの展示を振り返るトーク&ライブも。

2015.08.24.Mon - 08.28.Fri | spazio rita(愛知|矢場町)

th_washiosan_rita_out_1

 

名古屋在住のイラストレーター/グラフィックデザイナーの鷲尾友公が最も影響を受けたことを公言するデザイナー故・粟津潔。鷲尾は昨年9月、金沢21世紀美術館にて開催された『粟津潔、マクリヒロゲル1「美術が野を走る:粟津潔とパフォーマンス』にも参加し、環ROYスガダイローらとともに公開制作/パフォーマンスを行った。

 

20140930-awazukiyoshi-photo2

鷲尾友公『seven years one day』 写真提供:金沢21世紀美術館

unnamed

写真:粟津潔

 

そして、今回、粟津潔の世界観や文脈をさらにアップデートする、アート展「インベーダーラダトーム」を8月24日(月)〜28日(金)の間、矢場町spazio ritaにて開催。企画者である鷲尾友公、グラフィティライターのDF.SQEZが参加。粟津本人が撮影した貴重な写真や映像の作品のほか、二人が粟津の写真に手を加えたものも。「粟津潔 meets 鷲尾友公 DF SQEZ」限定ポスターなど関連グッズも展示販売される。最終日(28日)には、鷲尾、粟津、秩父前衛派がキューバの「ハバナビエンナーレ」関連企画として行った展覧会現地での撮影写真(撮影は三浦知也)を公開しながらのトークショウ、秩父前衛派によるライブ、さらに鷲尾本人がキューバで覚えてきたというビールカクテルの販売も行われる。

a_h_005
a_h_004

 

秩父前衛派

 

<以下、鷲尾友公よりメッセージ>

永い間お世話になりました。これからも、是非宜しくお願いします。感謝の心を込めて

目的があり東京のごった煮を歩いても時々寂しさを感じる不思議、「この街は…。」22時7分トンボ帰りかの如く東京発最終名古屋行ひかり号に駆け込む。指定席は満席でなんのこっちゃ、自由席は空いとるでしょう。我先に論外。無計画で憶測は外れてお見事満席。お先にどうぞどうぞ。通路にも乗客が溢れとるがね。これが乗車率180%というやつですかい?!身動きが取れないから仕方ないかとこの先2時間の居場所を連結部分に確保。連結部分も大変賑わっておりどうしたものかとスケッチブックを取り出し周りを見渡すと汗だくとなって座り込む会社員、お仕事でしょう、小さなスーツケースを引連れ人混みの通路に挑んで行く女性、それをつま先立ちで避ける僕。スマートフォーンに勤しむ各々青年、その状況に故郷へ向かう乗客の笑顔は消えていた、東京発最終ひかり号、またの名をインベーダーラダトーム、乗車率はもはや200%。各々が故郷への想いを乗せて向かう最終停車駅は名古屋。インベーダーラダトーム、私たちを乗せて。

イベント情報

2015年8月24日(月)〜28日(金)
インベーダーラダトーム
料金:入場無料
会場:spazio rita
展示作家:粟津潔、鷲尾友公、DF.SQEZ

2015年8月28日(金)
「マクリヒロゲル en la ハバナ」 〜キューバで何がおこったぁ!?〜
スライドトーク報告会+秩父前衛派ライブ
時間:20:00開演
料金:1000円+1D(500円)
TALK:粟津ケン、鷲尾友公、笹久保伸(秩父前衛派)、青木大輔(秩父前衛派)、 MC: AZUSA
LIVE:秩父前衛派(笹久保伸、青木大輔)

企画制作:鷲尾友公
フライヤーデザイン:THISIS(NOT)MAGAZINE
詳細:http://spazio-rita.com/

th_スクリーンショット 2015-08-12 19.20.22

粟津潔
1929年東京都(日本)生まれ、2009年神奈川県川崎市(日本)にて逝去。 独学で絵・デザインを学ぶ。1955年、ポスター作品《海を返せ》で日本宣伝美術会賞受賞。戦後日本のグラフィック・デザインを牽引し、さらに、デザイン、印刷技術によるイメージの複製と量産自体を表現として拡張していった。1960 年、建築運動「メタボリズム」に参加、1977年、サンパウロ・ビエンナーレに《グラフィズム三部作》を出品。1980年代以降は、象形文字やアメリカ先住民の文字調査を実施。イメージ、伝えること、ひいては、生きとし生けるものの総体のなかで人間の存在を問い続けた。その表現活動の先見性とトータリティは、現在も大きな影響を与えている。

wasio_profile

鷲尾友公
1977年、愛知県生まれ。イラストレーター、グラフィックデザイナーなど。表現という 分野において、ジャンルや手法、高尚も大衆の別もなく独自の文脈で作品を制作し活動する。 美術館や海外でも発表された彼のオリジナルモチーフの手君は運気アップのアイテムの一つ。http://thisworld.jp/

SQEZ_PICT

DF.SQEZ
グラフィティライター。EVILDOTSCREW所属。1997年頃よりグラフィティの魅力に取り憑かれ、独自のアイコンとイメージを武器に現在までに無数のbombing,piecingを続ける。<強烈なインパクトと熱量を放ちながらも、必ず消え去る運命>という「大胆さと儚さ」を併せ持つグラフィティの魅力と性質を十分に表現する為、個展や数々のエキシビションにて作品展示を行っている。スプレーペインティング、オイルペインティング、アクリルペインティング、写真、版画、インスタレーション等、多くのメディアで作品を発表する。

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー