instagram
twitter
facebook
豊田市美術館がリニューアルオープン!フランスを代表する現代美術家、ソフィ・カルの展覧会が開催。

2015.10.10.Sat - 12.06.Sun | 豊田市美術館(愛知|豊田市)

cal1
≪海を見る―微笑む女≫(部分)2011年、ヴィデオインスタレーション ©Sophie Calle/ADAGP,Paris2015
世界中から注目されるフランスの女性現代美術作家、ソフィ・カルの展覧会「最後のとき/最初のとき」が、10月10日から、リニューアルオープンした豊田市美術館にて開催される。

ソフィ・カルは、写真と言葉を組み合わせた物語性の高い作品で知られるアーティスト。豊田市美術館では2003年に個展を開催し、その虚実入り混じるドラマチックな作品は鑑賞者に強い衝撃を与えた。

今回は、カルが長年にわたって探究してきた視覚や認識に関する一連の作品を紹介。生まれつき目の見えない人々に「美のイメージとは何か」と問いかける、カルの代表作〈盲目の人々〉、人生の途中で視力を失った人々にインタビューした〈最後に見たもの〉、生まれて初めて海を見る人々の表情をとらえた〈海を見る〉の3部構成で、「見ることとは何か」を静かに問いかける。

また、展覧会に合わせ、「目の見えない人は世界をどう見ているのか」(光文社新書)の著者、伊藤亜紗氏による講演「見えないことから見えるもの」や、アーティスト八谷和彦が開発した「視聴覚交換マシン」の体験ワークショップも開催される。

イベント情報

2015年10月10日(土)~12月6日(日)
「ソフィ・カル―最後のとき/最初のとき」
会場:豊田市美術館 豊田市小坂本町8丁目5番地1
開館時間:10:00~17:30 ※入場は閉館30分前まで
※10/10~12は、20:00まで開館
休館日:月曜日 (10月12日、11月23日は開館)
観覧料:一般800円 高大生500円 中学生以下無料
問:0565-34-6610

http://www.museum.toyota.aichi.jp/exhibition/2015/special/Sophie_Calle.html

●関連プログラム
記念講演「見えないことから見えるもの」
伊藤亜紗(東京工業大学リベラルアーツセンター准教授)
11月28日(土) 14:00-16:00 ※当日の観覧券が必要です

※豊田市美術館開館20周年記念として11月14日(土)、15日(日)は全館観覧料無料

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

NEW
Jul 26. 2017 up

WHAT ABOUT YOU? #24 / 横山雄
REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー