instagram
twitter
facebook
透明素材や反射素材を用いた作品を発表するアーティスト、竹中美幸と寺田就子の特別企画展が開催。

2015.09.12.Sat - 10.17.Sat | GALLERY CAPTION(岐阜|岐阜市)

mabusabi

透明樹脂や、近年では映画用フィルムを用いた作品を手がける竹中美幸と、鏡やガラスなど、光の透過と反射を思わせる素材をあつかう寺田就子による展覧会、篠原資明企画 「超少女まぶさび宇宙-竹中美幸:寺田就子」が、9月12日からGALLERY CAPTIONにて開催される。

本展は、京都大学大学院人間・環境学研究科教授であり、詩人、批評家として知られる篠原資明が提唱する「まぶさび」の美学の見地から、二人の作品を捉えようとする特別企画展。

「まぶさび」とは、「まぶしさ」と「さびしさ」を掛けあわせた、篠原氏による造語で、近代以降に見受けられる
ようになったガラスやプラスティックなどの透明素材、反射・反映素材が我々にあたえた「すきとおり」と「まばゆさ」に対する美的感覚を、「さび」のこころで受けとめようとするもの。また「超少女」は、1980年代半ばに、「身辺性への偏愛に生きながら、偏狭さを抜け出た」女性アーティストたちを指す言葉として篠原氏が用いた言葉である。

今回の展覧会では、現在の「超少女」として、少女といわれる年齢を過ぎても、きわめて少女的である存在を意味しながら、単なる少女趣味にとどまることなく、幼少期に親しんだものに「なつかしむ」ことを制作の礎のひとつとする両作家の作品を堪能することができる。

尚、10月3日には「鼎談:超少女たちとまぶさび宇宙」として、企画者と作家とのトークイベントを予定。

また、セカンドスペース「front」では、展覧会「something is beyond: vol.3 木藤純子」が同時開催される。

something

イベント情報

2015年9月12日(土)~10月17日(土)
篠原資明企画 「超少女まぶさび宇宙-竹中美幸:寺田就子」
会場:GALLERY CAPTION 岐阜市玉姓町3-12 伊藤倉庫
開廊時間:12:00-18:30
休廊日:日月曜日・祝日
問:tel 058-265-2336  e-mail caption@mbe.nifty.com
http://www.gallerycaption.com/

☆鼎談:超少女たちとまぶさび宇宙
本展企画者である篠原資明と、出品作家の竹中美幸、寺田就子が本展について語ります。
10月3日(土) 16:00~
*鼎談終了後、企画者と両作家を囲んでささやかなパーティーを行います。

2015年9月1日(土)~10月17日(土)
『something is beyond: vol.3 木藤純子』
会場:front 岐阜市金宝町2-9-1
時間:12:00- 19:00
休日:日月曜日・祝日
お問合せ:tel 058-263-7161
※要1 drink order

お茶会: 10月17日(土)
この日かぎりの特別展示と、作品に合わせたお菓子をご用意いたします。
14:00, 15:00, 16:00, 17:00, 18:00
予約優先
http://front-caption.blogspot.jp/

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー