instagram
twitter
facebook
【SPECIAL INTERVIEW】SIMI LABのメンバーであり、CDジャケットやグッズなど、様々なアートワークを手がけるデザイナー・ビジュアルアーティスト、MA1LLの初個展が開催!

2015.10.01.Thu - 10.15.Thu | KAKUOZAN LARDER(愛知|覚王山)

maill2

SIMI LABをはじめ、PUNPEE、OKAMOTO’SなどのCDジャケットやグッズなど、様々なアートワークを手がけるデザイナー・ビジュアルアーティスト、MA1LLによる個展が、10月1日(木)から、KAKUOZAN LARDERにて開催される。

自身のHPでも精力的に作品を発表し、じわじわとその「DOODLE(いたずら書き)」ファンを増やしている彼女。でも、一体何者なの??というわけで、その秘密を少しだけ覗かせてもらうべく、メールインタビューをお願いした。


ma1ll3

Interview : Yoshitaka Kuroda[ON READING, LIVERARY]

_まず、自己紹介をしていただけますか?子どもの頃のことや、イラストやグラフィックを始めたきっかけや経緯など。

SIMI LABのMA1LLです。SIMI LABではアートワーク等を担当しています。
子供の頃から絵を書くのが好きで母親曰く1歳になる前からペンを持たされていたみたいです。かといってずっと絵を描いてる大人しいタイプではなくて男の子達に混ざって外で遊ぶおてんば娘でした。とにかく絵はずっと書いて行こうと思っていて小学生の時には行きたい学校も決まっていたので、それに向かって高校まで過ごして、その高校の同級生がDJをやっていたんですけど、その人の繫がりでその人のお兄さん達がやってるイベントのスタッフになって。そのお兄さんがKIRARINっていう横浜を中心に活動してるイラストレーター/デザイナーなんですけど、KIRARINに絵が書くのが好きと話したら色々教えてくれたりフライヤーやライブペイント等をやらせてくれたりして徐々に本格的な活動になっていったという感じです。

_SIMI LABのメンバーとしてもご活躍ですが、そもそもメンバーになったきっかけや、SIMI LABでのエピソードなど何かありますか?

きっかけはYOUTUBEでSIMI LABがWalkmanって曲のPVを突如アップして、それをたまたま知り合いのツイートで知って見てみたら凄くかっこ良くて衝撃を受けて「こいつらやべー!しかも若い!どこのひとかな?」と思って色々調べてたら相模の方に住んでるらしいぞと。割と近いぞと。それでmixiで見つけて連絡しました。「デザインとかやってるんで良かったら何かやらせてください」って言ったら「丁度SIMI LABのロゴが欲しかったから作ってー」って言われて、その後みんなと会ってテンション上がってツイッターに「SIMI LAB入りたい」って書いたら電話がきて「MA1LLシミラボに入れようよって話してたんだよ!入ってよ!」みたいな感じでメンバーになりました。SIMI LABのエピソードは本当いっぱいあって数えきれないですけど最近和歌山でイベントがあった時、夜みんなが寝たりし出した頃OMSB達と肝試し行ったのは楽しかったですね。子供の頃に戻ったみたいで(笑)

_これまでに、PUNPEE、QNやOKAMOTO’Sなどのアートワークなど手掛けていますが、どのように作品を仕上げていくのでしょうか?

基本的には本人のイメージを聞いてイメージになるべく近づける様に頭の中でイメージして。あと、作る時は必ず本人の音源を聴きながら作業します。耳から入って来たイメージを具現化していく。みたいな感じです。

_絶妙なスカム感と、ブラックユーモア、そしてなんとも言えない愛嬌が魅力的だと思うのですが、どんなものに影響を受けてきたのでしょうか?また、今ハマっているものなどありますか?

スカム感!いいですね!(笑)初めて言われました。スカム感は単純にゴミが好きだからじゃないですかね(笑)人から「それゴミだよ」って言われる様な物がすごい好きでそういうのを集めたりしているからですかね。そこはあまり作品にする時には意識していないので滲み出ちゃってるんでしょうね。ブラックユーモアも凄い好きだし、基本的に怒りの感情とか悲しい感情から作品が生まれ易いので自然とそうなっちゃいますね。影響を受けたものって沢山ありすぎて「これ!」って言えないんですけど、どこか寂しげな、退廃的な・・・そういう物がどうしても好きになってしまいます。

ハマっているものは・・・メダカですかね・・・。
あとはメキシコ雑貨にずっとハマっています。

_なるほど~。メキシコ雑貨って骸骨とかモチーフにしながらも、すごくポップに仕立ててありますよね。なんか通じるものがありそうです。名古屋に対してのイメージとかありますか?また、なぜ今回、初の個展を名古屋で開催することになったのでしょうか?

名古屋は二回行った事があるんですが、あまりゆっくり廻ったりした事がなくて、何年か前にSIMI LABのLIVEで行った時に居酒屋に入ろうと思ったらどこも開いてなくてビックリしました!まだ22時くらいだったのに・・・結局すき家で食べました(笑)個展はずっとやりたかったんですけど中々場所も決まらなかったりで、時間だけが過ぎてしまったのですが、知り合いの子がお話を下さって。初個展が自分の地元とか東京じゃない全く未知の土地でやるって面白いなあ!と思って二つ返事で決めました。あと、自分で運営しているWEB STOREで私の商品を買ってくれる方が結構名古屋の方がいらっしゃって、シンパシー的な物を勝手に感じています。

_今回のKAKUOZAN LARDERの展示は、どんな内容になりそうでしょうか?

とにかく来てくれた方に楽しんで頂きたいです。私の作品には説明が無いと云うか、見て色んな解釈を人ぞれぞれの解釈をして貰いたいと思っているので下手したら参加型なのかもしれないです。初個展なのでまずは「マイルってこんな感じですよ」という自己紹介的な展示になると思います。読者の方々、最後までしがない私のインタビューを読んで頂きありがとうございます!ご興味を持って頂けたら作品も是非見にいらしてください!宜しくお願い致します。

イベント情報

2015年10月1日(木)~10月15日(木)
MA1LL VIRGIN EXHIBITION ”SPELL MA1LL DEATH”
会場:KAKUOZAN LARDER
営業時間: 11:45~23:00 (L.O.22:00)
定休日:火・水曜日
問:052-762-2786
https://www.facebook.com/KakuozanLarder

2015年10月3日(土)
OPENING PARTY ‘’Fadeaway’’
料金:無料
DJ:
UCHIDA (CAVE PARTY)
machete & jasrac
(魅惑の深海パーティー)
MA1LL
Y (Day In Day Out)
Marie

MA1LL(SIMI LAB/XYZ)
基本「DOODLER」として活動。イラストレーター、グラフィックデザイン、コラージュ等をする人。SIMI LAB所属。
SIMI LAB,PUNPEE,OKAMOTO’S等のアートワークも手掛ける。自身のグッズを販売しているmmstoreでは商品がすぐに売り切れる。らしい。
http://ma1llmatic.xxxxxxxx.jp/
http://ma1llmatic.thebase.in/

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー