instagram
twitter
facebook
演劇史上に残る伝説の舞台『熱海殺人事件』。風間杜夫、平田満の名コンビが33年ぶりに復活。劇団☆新感線・いのうえひでのり演出作品として豊橋で公演。

2016.01.06.Wed - 01.07.Thu | 穂の国とよはし芸術劇場PLAT主ホール(愛知|豊橋)

スクリーンショット 2015-12-29 16.16.08

 

演劇史上に燦然と輝く金字塔を打ち立てた伝説の舞台『熱海殺人事件』が、穂の国とよはし芸術劇場PLATにて、2016年1月6日(水)・7日(木)に上演される。

1970年代前半、文語調の台詞が主流な日本演劇界に、若者の口語を演劇に持込み、熱狂的な支持を得た劇作家つかこうへい。『熱海殺人事件』は、過去にも、阿部寛黒谷友香黒木メイサなどが出演し、様々なバージョンで再演され、映画化もされてきた同氏の代表作だ。

本公演に出演する、風間杜夫平田満の名コンビでの上演は33年ぶり。また、新キャストに、つかの一人娘で元宝塚雪組トップ娘役の愛原実花、テレビや映画で活躍する中尾明慶が選ばれている。演出は、劇団☆新感線の主宰であり数々のプロデュース公演を手掛けている、いのうえひでのり。同劇団は、1980年代につかこうへいのコピー劇団として人気に火がつき、90年代には関西から空前の小劇場ブームを巻き起こした存在だ。

登場人物が絡み合う、三者三様の愛憎劇が、哀切な人間ドラマを展開してゆく本作。今回のキャストと演出でつか作品を目撃するために注目しているファンも多く、現在チケットはソ-ルドアウトとなっている。当日券販売や、演出・いのうえひでのりと、 出演・平田満両氏によるプレトークも予定されているので、気になった方はそちらの情報を今すぐチェック!

イベント情報

2016年1月6日(水)、7日(木)
熱海殺人事件
会場:穂の国とよはし芸術劇場PLAT主ホール(愛知県豊橋市西小田原町123番地)
時間:6日19:00開演/7日13:00開演(※開場は開演の30分前)
料金:前売り販売予定枚数終了。各公演当日午前10時より当日券販売。
当日券S席9,000円(若干枚)、立見4,500円(12枚)※2階席最後列立見スペース
※一人2枚まで。支払いは現金のみ。
※U24・高校生以下の取扱いなし。
※オンラインの取扱いなし。
※残券がある場合のみ、午前11時より電話予約あり。
※【取り扱い】プラットチケットセンター窓口
※残券がある場合、開演の1時間前以降は主ホールホワイエ受付にて販売。
作:つかこうへい
演出:いのうえひでのり
出演者:木村伝兵衛(部長刑事)-風間杜夫、熊田留吉(新任刑事)-平田満、片桐ハナ子(婦人警官)-愛原実花、大山金太郎(犯人)-中尾明慶

2016年1月5日(火)
『熱海殺人事件』プレトーク
会場:穂の国とよはし芸術劇場PLATアートスペース(同上)
時間:19:00開演(※開場・受付は開演の30分前)
料金:無料(先着200名、要事前申込み)
出演:いのうえひでのり、平田満
申込み:申込みフォーム(下記リンク先参照)、プラットチケットセンター(0532-39-3090)、イベントチラシの申込書の提出
詳細:http://www.toyohashi-at.jp/event/workshop.php?id=102

いのうえひでのり
劇団☆新感線 主宰・演出家。1980年、劇団☆新感線を旗揚げ。以来、劇画・マンガ的世界にコンサートばりのド派手な照明と音響を用いた構成で、演劇ファンのみならず音楽ファンをも虜にする。新感線の演目は大まかに3の柱に分かれている。生バンドが舞台上で演奏する音楽を前面に出した≪Rシリーズ≫。笑いに特化した活劇《ネタもの》ではいのうえが脚本も手掛ける。時代活劇《いのうえ歌舞伎》ではアクションとケレン味を効かせた演出にドラマのうねりをのせた独特の手法で、新しいエンターテインメントの形として“新感線”というジャンルを確立させた。最近の外部演出作に、新橋演舞場7月公演の歌舞伎『阿弖流為』(15年)、『鉈切り丸』(13年)、『今ひとたびの修羅』(13年)などがある。
http://www.vi-shinkansen.co.jp/

風間杜夫
1949年東京都生まれ。早大演劇科、俳小附属養成所を経て、1971年「劇団表現劇場」を結成。1977年以降、つかこうへい事務所『熱海殺人事件』『蒲田行進曲』などに出演。特に『蒲田行進曲』は映画化され日本アカデミー賞最優秀助演男優賞など多数受賞。舞台、映画、TVドラマ、ナレーションなどマルチに活躍するだけでなく、落語にも取り組み独演会を開くなど、実力派俳優として常に第一線を走り続けている。最近では、NHK連続テレビ小説『マッサン』森野熊虎役が印象に深い。出演作品として『ジュリエット通り』(岩松了)、『国民の映画』(三谷幸喜)、『マクベス』(長塚圭史)、『新釈・金色夜叉』(劇団新派)、『今ひとたびの修羅』(いのうえひでのり)、『バカのカベ』(鵜山仁)、『しみじみ日本・乃木大将』(蜷川幸雄)など。2003年文化庁芸術祭賞演劇部門大賞、2004年読売演劇大賞最優秀男優賞を受賞。2010年紫綬褒章受章。

平田満
1953年愛知県生まれ。つかこうへい事務所旗揚げに参加。82年の解散まで、ほとんどの作品に参加。82年、映画「蒲田行進曲」で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、01年、「こんにちは、母さん」(新国立劇場)「ART」(松竹)で読売演劇大賞最優秀男優賞受賞。06年に、井上加奈子と共にユニット「アル☆カンパニー」を立ち上げる。14年、「失望のむこうがわ」(アル☆カンパニー)と、「海をゆく者」(パルコ)で第49回紀伊國屋演劇賞個人賞受賞。出演作品として、映画「臨場・劇場版」「くちづけ」「今日子と修一の場合」「悼む人」、TV「芙蓉の人」(NHK)、「聖なる怪物たち」(EX)、「ごめんね、青春」(TBS)、「デート~恋とはどんなものかしら~」(CX)、「闇の伴走者」(WOWOW 4月11日スタート)等。4月28日より「ART」(サンシャイン劇場)再演

posted by LIVERARY STAFF

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー