instagram
twitter
facebook
鈴木慶一とのコラボ作品や“百人芝居”が話題となった、天野天街による劇団・少年王者舘。約3年ぶりに愛知、三重にて2月上演。

2016.02.11.Thu - 02.19.Fri | 七ツ寺共同スタジオ(愛知|大須)、四日市市文化会館(三重|四日市)

omoidashicatch

 

幅広いジャンルの舞台演出を多数手掛ける、天野天街が主宰する少年王者舘の本公演が、2016年2月11日(木・祝)〜14日(日)の4日間、大須・七ツ寺共同スタジオにて上演される。また、2月18日(木)、19日(金)には、四日市市文化会館で上演され、兵庫、東京へと公演が続く。

 

ガラパゴス_459第34回本公演「ガラパゴス」 撮影:羽鳥直志

 

天野天街の演出作品といえば、2005 年に出演者総勢160名を超える『百人芝居◎真夜中の弥次さん喜多さん』が話題に。2014年、二人芝居ver.で静岡で世界各地の演劇を上演するフェスティバル・ふじのくにせかい演劇祭で再演もされている。また、1月に愛知県芸術劇場大ホールで上演された、寺山修司作『レミング』では上演台本を執筆するなど、劇作家としても評価を得ている天野は、四日市市文化会館で始まった演劇プロジェクト・Yonbun Drama Collectionの第一弾アーティストに選ばれ、2016年3月までに三作品が上演される。第1弾は昨年10月、海外公演でも高い評価を得ている流山児★事務所に脚本『西遊記』を書き下ろし、ムーンライダース鈴木慶一を音楽に迎えた演出作を発表した。

本作では、毎公演独特の振付を披露し、同劇団の看板女優でもある夕沈はもちろん、多彩なゲスト陣が出演するとのこと。東海圏では2か所での上演が予定され、演出の違いを見比べる楽しみもありそうだ。

 

少年王者舘
第36回本公演「累-かさね-」PV

 

 

イベント情報

2016年2月11日(木・祝)~14日(日)
第38回本公演「思い出し未来」(名古屋公演)
会場:七ツ寺共同スタジオ 愛知県名古屋市 中区大須2丁目27-20
時間(開演):2月11日(木・祝)・12日(金)19:30、13日(土)14:00・19:30、14日(日)14:00
(※開場は開演の30分前)
料金:一般前売・予約3,000円、当日3,500円/学生前売・予約2,000円、当日2,500円(要学生証)
取扱:チケットフォームhttp://www.oujakan.jp/ticket/、チケットぴあhttp://t.pia.jp【Pコード447-995】、イープラスhttp://eplus.jp

2016年2月18日(木)・19日(金)
第38回本公演「思い出し未来」(四日市公演)
会場:四日市市文化会館 三重県四日市市安島2丁目5−3
時間(開演):両日19:00(※開場は開演の30分前)
料金:全席自由前売3,000円、当日3,300円/[学生]前売 1,500円 当日 1,600円(要学生証)
取扱:四日市市文化会館 059-354-4501(窓口9:00〜19:00)、よんぶんネット[webチケットサービス]http://yonbun.com(24時間)、チケットぴあ http://t.pia.jp【Pコード 447-725】
※少年王者舘チケットフォームでは、四日市公演のチケットの取り扱いなし

作・演出:天野天街
出演者:夕沈、虎馬鯨、白鷗文子、雪港、ひのみもく、小林夢二、宮璃アリ、水柊、池田遼、る正和、他ゲストあり
問合せ:少年王者舘制作部070-1624-5884
少年王者舘公式サイト http://www.oujakan.jp/

少年王者舘
1982 年3 月、「劇團少年王者」として『月光遠方通信』( 於:名古屋・七ツ寺共同スタジオ)で旗揚げ。 84 年、東京で初公演(『自由ノ人形』於:ザ・スズナリ) 85年、大阪で初公演(『チキユ』於:オレンジルーム)この公演から「少年王者舘」と改称。以来、多くの作品を名古屋・大阪・東京の3 都市で上演。 映像や音響を駆使してイメージを喚起させる手法、「死から生を見つめる視点」と評される世界観、言葉遊びを多用した脚本、メンバーの振り付けする幾何学的ダンスなど、少年王者舘ならではの舞台に根強い人気がある。
http://www.oujakan.jp/

天野天街
1960年愛知県一宮市生まれ。1982年少年王者舘を旗揚げし、名古屋を拠点として全国的に活躍。幅広いジャンルの舞台演出を多数手掛ける傍ら、漫画、デザイン、エッセイ等の分野でも活躍。1994年短編映画『トワイライツ』を監督し、オーバーハウゼン国際短編映画祭グランプリ受賞、メルボルン国際映画祭短編部門グランプリ受賞。2005 年に出演者総勢160 名を超える『百人芝居◎真夜中の弥次さん喜多さん』を名古屋で上演し、大きな話題を呼んだ。

posted by LIVERARY STAFF

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー