instagram
twitter
facebook
ペインティングの新たな表現に挑む若手作家、遠藤俊治と源馬菜穂による展覧会が開催。

2016.05.28.Sat - 06.18.Sat | GALLERY CAPTION (岐阜|岐阜市)

sumire2

油彩やドローイングなどの絵画作品を通じて「絵を描くこと」に取り組む遠藤俊治源馬菜穂の2名の若手作家による展覧会『Paintings:03』が、5月28日からギャラリーキャプションにて開催される。

遠藤俊治は、2009年に愛知県立芸術大学大学院を修了し、現在は名古屋を中心に活動中。2010年には「VOCA展」(上野の森美術館、東京)に選出されるなど、今後の活躍が期待される作家のひとり。遠藤は、道ばたのペットボトル、畑に置き去りにされたじょうろ、自転車のサドルなど、日々の生活のなかの、取るに足らないものや、どこにでもあるような景色を淡々と描き出す。

源馬菜穂は、2011年に愛知県立芸術大学大学院を修了した後、同大学院研修生を経て、その間「トーキョーワンダーウォール公募2009」、「トーキョーワンダーシード2011」においてそれぞれ入賞、また2012年には「第7回はるひ絵画トリエンナーレ」(清須市はるひ美術館、愛知)にて大賞を受賞するなど、高い評価を受けている作家。源馬はこれまで、殺風景とも思える広々とした自然の中に、ひとり立つ人物の情景を描いてきたが、今回の展示では、自分と外界、自然とのつながりを求める上で、今まで以上に自然に向き合いながら、より広く大きな世界を捉えようとした作品が並ぶ。

endo

イベント情報

2016年5月28日(土)~6月18日(日)
『Paintings:03』遠藤俊治 源馬菜穂
会場:GALLERY CAPTION 岐阜市玉姓町3-12 伊藤倉庫2F
営業時間:12:00~18:30
休廊日:月火曜日
問:058-265-2336
http://homepage1.nifty.com/caption/

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー