instagram
twitter
facebook
独特の震えるような線で人聞の悲哀を物語る芸術家、ベン・シャーンの展覧会が開催。

2016.07.09.Sat - 09.25.Sun | 三重県立美術館(三重|津)

ben

「丸沼芸術の森所蔵 ベン・シャーン展」が、7月9日より三重県立美術館にて開催される。

リトアニアに生まれアメリカで活躍したベン・シャーン(1898-1969)は、20世紀アメリカを代表する芸術家の一人。人種差別や貧困など社会的テーマに取り組み、常に人聞の尊厳を問いつづけた。

画家であると同時にグラフィック・デザイナーでもあった彼の作品は、絵画、公共の壁画やポスター、装丁、レコードのジャケット、など発表の仕方も実に幅広く、若き頃のアンディ・ウォーホルや、戦後の日本の画家、グラフィック・デザイナーにも大きな影響を与えている。

本展では、シャーンの初期から晩年までの作品を揃える埼玉県朝霞市の丸沼芸術の森コレクションから、水彩・素描、版画、写真等約300点を紹介する。

イベント情報

2016年7月9日(土)~9月25日(日)
丸沼芸術の森所蔵 ベン・シャーン展
会場:三重県立美術館(三重県津市大谷町11)
開館時間:9:30~17:00 ※入場は閉館30分前まで
休館日:月曜日(祝休日の場合は開館し、翌日休館)※7月18日(月・祝)と9月19日(月・祝)は開館、7月19日(火)と9月20日(火)は休館
観覧料:一般900円、学生700円、高校生以下無料
問:059-227-2100
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー