instagram
twitter
facebook
名古屋在住/トリニダード・トバゴ出身のアーティスト、マーロン・グリフィスの個展が東片端のSHUMOKU GALLERYで開催。

2016.09.17.Sat - 10.08.Sat | SHUMOKU GALLERY(愛知|東片端)

m1Workers(monotype on paper)

トリニダード・トバゴ出身で、2009年より名古屋を拠点に活動するアーティスト、マーロン・グリフィスの個展が9月17日(土)から名古屋市東区のSHUMOKU GALLERYで開催される。

トリニダード・トバゴのカーニバルのコスチュームデザイナーとしてキャリアをスタートさせたマーロン・グリフィスは、自国の文化と書道をはじめとする様々な日本の文化の両方を取り入れた、強い独自性のある作品を制作している。2013年の「あいちトリエンナーレ」で実施されたパレード《太陽のうた》の衣装デザインを手がけたことも記憶に新しい。

 

m12 the fall(monotype on paper)

 

 

今回の個展では、マーロン・グリフィスが来日して最初に取り組んだ作品「SPUR(スパー)」シリーズが始めて公開される。制作にあたっては、農家で土を掘り起こすため馬や牛につけて使われる道具を、作家自ら足につけて描いたという。パフォーマンスの映像作品に加え、モノタイプ(版画)による作品も展示される。また、初日9月17日(土)17:00からはオープニング・レセプションも開催される。

イベント情報

2016年9月17日(土)〜10月8日(土)
MARLON GRIFFITH 「SPUR」
会場:SHUMOKU GALLERY(名古屋市東区橦木町2-25)
11:00〜18:00(定休日 月・火 日曜日は展覧会開催時のみ営業)
問:SHUMOKU GALLERY  TEL 052-982-8858
http://www.shumoku.net/#!upcoming-exhibition/o6i3m

posted by LIVERARY STAFF

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー