instagram
twitter
facebook
現代音楽やサウンドパフォーマンスの面白さについて考えるトークイベントが開催!

2016.11.11.Fri - 11.18.Fri | アートラボあいち大津橋(愛知|市役所)

the-day_momo

あいちトリエンナーレ実行委員会が企画するトークイベントシリーズ「ALA-SCOPE」。今回は、現代の音楽をテーマに11月11日(金)、11月18日(金)の前後編に渡り、アートラボあいち大津橋にて開催される。

常に泡のように新しい音楽が生まれては消えているような状況の現代の音楽シーン。その中で、クラシック音楽を源流とする前衛的な音楽や、実験的な音楽は、常にアンダーグラウンドな音楽シーンやサウンドアートをはじめ、様々な芸術に影響を与え続けている。

シリーズ3回目となる今回は、作曲家で愛知県立芸術大学非常勤講師の牛島安希子をゲストに迎え、音楽の歴史を今一度紐解き、流れを振り返りながら、これまでに出現した様々な音楽や、サウンドパフォーマンスについて理解を深めていく。現代の音楽に対する視座を養うと同時に、これからの音楽やサウンドパフォーマンスについて考える絶好の機会となるだろう。

ala

イベント情報

2016年11月11日(金)、11月18日(金)
ALA-SCOPE03「現代の音楽をめぐって」前編/後編
会場:アートラボあいち大津橋 名古屋市中区丸の内三丁目4-13 愛知県庁大津橋分室2階、3階
時間:両日とも19:00~
ゲスト:牛島安希子(作曲家、愛知県立芸術大学非常勤講師)
料金:無料/申込不要
http://www.artlab-aichi.com/

牛島安希子
1980年生まれ。愛知在住。作曲家。ハーグ王立音楽院作曲専攻修士課程修了。室内楽作品や、コンピューターの音と楽器のためのエレクトロアコースティック作品を主に制作。第六回JFC(日本作曲家協議会)作曲賞入選 (2011)、国際コンピュータ音楽会議(ICMC) 2013、2014、入選。MUSICA NOVA 2014、入選。作品はノヴェンバーミュージックフェスティバル(オランダ)、アルスムジカ音楽祭(ベルギー)などの現代音楽祭や、マサチューセッツ現代美術館(アメリカ)でのコンサートなど、世界各地で作品が演奏されている。リコーダーとエレクトロニクスのための”Instan’stillation”が収録されたCDがKarnatic Lab Recordsより発売。近年は映像や身体表現を取り入れたパフォーマンス作品の制作(2015年度中川運河助成ARToC10助成採択事業)などにも携わり、活動の場を広げている。2014年より愛知県立芸術大学にて現代音楽舞台研究会を発足。現在、第19回まで開催している。

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー