instagram
twitter
facebook
ものづくりの町、常滑から発信するイベント『トコナメハブトーク』が開催。今回のゲストは、アーティスト・蔡筱淇&吉川公野。

2017.03.11.Sat | cafe TSUNE ZUNE(愛知|常滑)

常滑内外の様々な分野で活躍している人をゲストに迎えて行うトークベント『Tokoname Hub Talk vol.8 トコナメアート夜話』が、3月11日(土)に開催される。会場は、常滑市に店舗を構える、かつて盆栽鉢の梱包作業場だった倉庫をリノベーションしたcafe TSUNE ZUNE。

 

『cafe TSUNEZUNE / トコナメハブトーク』のインタビュー記事はこちら。

 

8回目となる今回のゲストは蔡筱淇(ツァイ・シャオチー)吉川公野。 蔡筱淇は台湾出身、吉川公野は日本(常滑)出身で、ロンドンを拠点に活動するアーティスト。数多くのコミッションワークや展覧会を世界各地で展開するふたりに、海外でアートを仕事にすること、ものづくりについて、現在感じていること、ロンドンから見た常滑(日本)のことなどについてを訊いていく。当日は併設のカフェで軽食やドリンクなども提供される。モデレーターは常滑在住の建築家・水野太史が務める。

なお、3月12日まで名古屋のgallery feel art zeroにて、蔡筱淇と吉川公野の個展「色空塑~shape of the air~」が開催中。

イベント情報

2017年3月11日(土)
Tokoname Hub Talk vol.8  トコナメアート夜話
会場:cafe TSUNE ZUNE〈カフェ 常々 2Fイベントスペース〉愛知県常滑市栄町7 丁目164
時間:19:00~20:30(開場18:00閉店22:00)
参加費:無料、予約不要(facebookで参加表明いただけるとありがたいです)
主催:トコナメハブトーク製作委員会
https://www.facebook.com/tokonamehubtalk/

蔡筱淇|Hsiao-Chi Tsai 吉川公野| Kimiya Yoshikawa
ロイヤルカレッジオブアート(Royal College of Art , RCA)で、それぞれ蔡筱淇(ツァイ・シャオチー)はテキスタイルを、吉川公野(よしかわきみや)は彫刻を学び、2006年の修了後から共同制作を始める。2007年のHarvey Nichols(ハーヴェイ・ニコルズ)のショーウインドウ7面を飾った作品「Futuristic Flowers」など、数多くのコミッションと展覧会をヨーロッパ、東南アジアなどで開催。ロンドンチャイナタウンでの野外常設作品「The Lion」は2009年度のイギリス内で卓越したパブリックアートとしてマーシュアワードを受賞。昨年2016年11月にはロンドンウエストミンスター国会議事堂正面のセントトーマス病院に27メートルの立体作品2点を設置。国内外で発表を続けている。
http://www.tsai-yoshikawa.com/collaboration

水野太史|MIZUNO Futoshi
1981年生まれ、常滑市出身。水野太史建築設計事務所代表。水野製陶園ラボ代表。
水野製陶園ラボ http://www.mizunoseitoen.com/lab/

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー