instagram
twitter
facebook
世界的な評価も高いベルギーのダンス・カンパニー「ローザス」の来日公演が開催!新旧2作品を2会場で。

2017.05.10.Wed - 05.13.Sat | 名古屋市芸術創造センター(愛知|新栄) & 愛知県芸術劇場大ホール(愛知|栄)

ベルギーを代表するダンスカンパニー、ローザスの来日公演が5月10日(水)に名古屋市芸術創造センターで、5月13日(土)に愛知県芸術劇場大ホールで開催される。

ローザスは、1983年に振付家・ダンサーのアンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルによって結成。名古屋市芸術創造センターでの公演となる『ファーズ-FASE』は、3つのデュエットと1つのソロ部分から成るダンス作品。ミニマル音楽の大家・スティーブ・ライヒの作品『ピアノ・フェイズ』『カム・アウト』『ヴァイオリン・フェイズ』『クラッピング・ミュージック』を基に、ケースマイケルが創作。4つの音楽を動きによって解説するようでありながら、それにとどまらず、音楽の持つ世界観をさらに発展させた作品となっている。本作品はケースマイケルの創作キャリアの中でもごく初期の作品であり、Rosas 結成の契機ともなった作品。今回は、この作品にケースマイケル自身が出演する貴重な機会となる。

愛知県芸術劇場大ホールでの公演『時の渦-Vortex Temporum』は、指揮を含めた7名の音楽家と、7名のダンサーによる舞台。ローザスとアンサンブル・イクトゥス(ブリュッセルを本拠地とする現代音楽アンサンブル)による作品としては最新作であり、今回の公演が日本初演となる。一つ一つの楽器、ダンサーと音楽家が拮抗しながら調和する舞台では男性の数を数える声が響き、大ホールでありながら緊密で濃厚な空間を創出する。

また関連企画として、4月23日(日)には、ローザス映像作品をDVD上映するイベントも行われる。

イベント情報

2017年5月10日(水)
ローザス 『ファーズ―FASE』
会場:名古屋市芸術創造センター 名古屋市東区葵一丁目3番27号
時間:19:00開演(18:30開場)
料金:全席指定 5,500円 U25 2,500円
※U25は、公演日に25歳以下の方が対象です。(要証明書)
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※託児サービスあり(要予約)
申込・問合せ:トットメイト TEL 0120-01-6069(受付時間9:00~17:00)
セット券:『ファーズ』と『時の渦』S席のセット券 9,000円
チケット販売・詳細:http://www.aac.pref.aichi.jp/gekijyo/syusai2017/detail/170510_rosas/

2017年5月13日(土)
ローザス&イクトゥス『時の渦―Vortex Temporum(ヴォルテックス・テンポラム)』
会場:愛知県芸術劇場大ホール 名古屋市東区東桜1丁目13-2
時間:15:00開演(14:15開場)
料金:全席指定 S席 5,500円  A席 3,500円  U25全席 2,500円
※U25は、公演日に25歳以下の方が対象です。(要証明書)
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※託児サービスあり(要予約)
申込・問合せ:トットメイト TEL 0120-01-6069(受付時間9:00~17:00)
セット券:『ファーズ』と『時の渦』S席のセット券 9,000円
チケット販売・詳細:http://www.aac.pref.aichi.jp/gekijyo/syusai2017/detail/170513_rosas/

2017年4月23日(日)
ローザス関連企画 ダンスフィルム上映会
会場:愛知芸術文化センター地下2階アートプラザ内 ビデオルーム 名古屋市東区東桜1丁目13-2
時間:
14:00~ FASE the Film(58分)
15:10~ HOPPLA! (52分)
16:15~ Rosas Danst Rosas(57分)
料金:予約不要、鑑賞無料。直接会場へお越しください。
※連続鑑賞可。満席の場合は入場をお断りする場合があります。

ローザス Rosas
本拠地ブリュッセル・王立モネ劇場やカイシアターはもとより、ロンドン・サドラーズ・ウェルズ・シアター、パリ市立劇場やオペラ座、NYのブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージックやリンカーン・センターなど、世界の主要劇場で上演を続けるダンスカンパニー。毎年1-2作品の新作を発表し、1989年の横浜ART WAVEでの来日公演を皮切りに、すでに日本でも複数回、来日公演を行っている。
www.rosas.be

アンサンブル・イクトゥス Ictus Ensemble
世界を代表するベルギー・ブリュッセルの現代音楽アンサンブル。1996年からジョルジュ=エリ・オクトールが指揮者を務める。テーマ性の強い演奏会を行うことが多く、スティーヴ・ライヒなど、数多くの現代作曲家の作品を演奏している。2004年からフランス・リール オペラ座のレジデンス・アンサンブルを務めている。

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

NEW
Jul 26. 2017 up

WHAT ABOUT YOU? #24 / 横山雄
REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー