instagram
twitter
facebook
名古屋・栄にアンダーグラウンド〜ストリートカルチャーの新たな発信地「MAD BOXXX」がオープン。初回の企画展は「TEKUN WAS HERE」。

2017.04.28.Fri - 05.21.Sun | MAD BOXXX(愛知|栄)

 

2017年4月28日、名古屋・栄エリアに新たなアートギャラリー&ショップ「MAD BOXXX」が誕生した。同会場では現在、企画展「TEKUN WAS HERE」が5月21日(日)まで展示期間を延長し開催中。

 


展示物の一部

 
「TEKUN WAS HERE 」では、ある作家が愛好するキャラクター「手君(TEKUN)」を再構築/リエディットされた作品が展示されている。シルクスクリーンの手法を用いたポスターは包装紙のモチーフなどを取り込みデザイン化した一点ものばかり。
 
<以下、“TEKUN WAS HERE” ステートメント>
 
TEKUNは何処にいた? TEKUN WAS HERE.
TEKUNは何処に向かう? TEKUN WAS HERE.
TEKUNは誰を待っている? TEKUN WAS HERE.
TEKUNの目は何処をみつめている? TEKUN WAS HERE.
 
 
ポスターよ、街頭に踊れ!
舞踏家よ、街頭に踊れ!
音樂家よ、聲高らかに、街頭に歌へ!
 
“Posters, Dance in the Streets!
Dancers,  Dance in the Streets!
Musicians, Sing loudly and clearly on the streets!”
 
 
 
 
 
 
 
 

 
「MADBOXXX」は今後もさまざまなアーティストの企画展を軸に展開していく。名古屋では珍しい、血の通った現行のアンダーグラウンド〜ストリートカルチャーを表現する新たな場となっていきそうだ。
 
 

✋#tekun #mad #boxxx #washere #exhibition #gallery #poster #drawing #silkscreen #stickers

@tekunwashereがシェアした投稿 –

 
イベント情報

2017年4月28日〜5月21日(日)
TEKUN WAS HERE
会場:MAD BOXXX(名古屋市中区栄5丁目4-22 )
時間:12:00〜19:00
定休日:水・木曜

MAD BOXXX
名古屋のストリート・カルチャーから発生した作品をメインに扱うギャラリー&ショップ。主にグラフティーアーティストのポスター、Tシャツ、作品、グッズなどを取り扱う。今後も、アーティストの企画展を軸に独自の展開を行っていく。

posted by T.TAKEBE

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー