instagram
twitter
facebook
自由で洒脱、ユーモア溢れる作風が魅力のイラストレーター安西水丸の展覧会が開催。

2017.07.15.Sat - 10.01.Sun | 清須市はるひ美術館(愛知|清須)

 

書籍の装丁や広告などで活躍したイラストレーター、安西水丸の展覧会「特別展 イラストレーター 安西水丸 ―漂う水平線(ホリゾン)―」が7月15日より清須市はるひ美術館にて開催される。

安西水丸は、1970年代より長年にわたり多方面で活躍したイラストレーターで、明快な色合いやモチーフの大胆な配置で構成された作品で知られている。他にも漫画、絵本、小説やエッセイの執筆、俳句、翻訳など、枠にとらわれることのない多様な活動をしていた。

本展では、「小さい頃よりずっと絵を描くことが好きだった」と語る安西の幼少期から晩年に至るまでの足跡を、イラストレーションの作品を軸に辿るとともに、眼鏡や原稿、パイプや万年筆などの「身の回りの宝物(愛用品)」も公開。また、公私にわたり親交のあった嵐山光三郎、村上春樹、和田誠との仕事を紹介し、三氏との交流のなかでうまれた作品の魅力に迫る。

《サーフィン》ミクストメディア 2006年 ©Kishida Masumi ※前期展示

イベント情報

2017年7月15日(土)~10月1日(日)
 ※会期中、一部展示替えを行います。 前期:7月15日(土)~8月20日(日) 後期:8月22日(火)~10月1日(日) 「特別展 イラストレーター 安西水丸 ―漂う水平線(ホリゾン)―」
場所:清須市はるひ美術館(清須市春日夢の森1番地)
開館時間:10:00~19:00 ※入館は閉館30分前まで
休館日:月曜日 (祝日の場合は開館、翌平日が休館)
料金: 一般 800円、高大生 700円、中学生以下無料
問:052-401-3881
http://www.museum-kiyosu.jp/exhibition_info/2017/anzaimizumaru/index.html

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー