instagram
twitter
facebook
国内外のクリエイティブ・シーンにおいて、常にトップを走り続けているデザインスタジオ、GROOVISIONSによる展覧会が開催!

2017.10.28.Sat - 11.08.Wed | 名古屋芸術大学 アート&デザインセンター

(このビジュアルはGRVのデザインをもとにして、名古屋芸術大学の学生により作成された。)

 

ピチカート・ファイヴやスチャダラパー等の映像制作や、着せ替えキャラクター「Chappie(チャッピー)」などで知られるGROOVISIONS(グルーヴィジョンズ)による展覧会が、10月28日から名古屋芸術大学アート&デザインセンターにて開催される。

GROOVISIONS(グルーヴィジョンズ)は、1993年に活動を開始したデザインチーム。その作風は、非常に二次元的でありながら、アウトプットのメディアは多岐にわたり、グラフィックやモーショングラフィックを中心に、音楽、出版、プロダクト、インテリア、ファッション、ウェブなど多様な領域を横断しながら、自在に活動を展開してきた。デザインの領域が広域化する今、彼らのこうした軽やかなアプローチは、デザインの幅広い展開力、デザインと社会とのつながり方、デザインの楽しさなど、ヴィジュアルコミュニケーションの新たな可能性を感じさせる。今回の展覧会では、こうしたグルーヴィジョンズの歴史を俯瞰すると同時に、学生とのプロジェクトの成果もあわせて展示される。

 

(以下、学生とのプロジェクト紹介文)

私たちもグルーヴィジョンズ?

夏休みが始まったとある日、グルーヴィジョンズ代表の伊藤さんをお招きしてプロジェクトがスタートしました。プロジェクトの目標は、「グルーヴィジョンズの展覧会を盛り上げること」と伊藤さん。あえて名芸とのコラボレーションといった曖昧な目標を入れないことが、展示をぶれないものにするためのグルーヴィジョンズらしい方策でした。私たちの提案に対しても、伊藤さんの回答は常にシンプルで明解です。このグルーヴィジョンズらしさとは何なのか? 私たちは意見を出し合い、伊藤さんとのセッションの中でも、少しずつその「らしさ」をつかんでプロジェクトを構築していきました。もちろん「らしさ」は、一朝一夕に生まれたものではなく、その背景には長い活動の中で貫かれてきた揺るぎない理念があるはずです。誰でも簡単にグルーヴィジョンズのようになれるわけではありません。ただ、伊藤さんはやり取りの中で、グルーヴィジョンズのデザイン、あるいはデザイン一般のディレクションに対する理念や姿勢を解き明かしてくれたように思います。さて、私たちは、グルーヴィジョンズになることができたのでしょうか?

みなさんもポップでカラフルな作品に触れながら、その奥に息づくグルーヴィジョンズの秘密をのぞいてみてください。

イベント情報

2017年10月28日(土)~11月8日(水)
2017年度 名古屋芸術大学 アート&デザインセンター 企画展 GROOVISIONS NUA
会場:名古屋芸術大学アート&デザインセンター 愛知県北名古屋市徳重西沼65
開館時間:12:15―18:00(最終日のみ17:00まで)
休館日:会期中無休
入場料:観覧無料
主催:名古屋芸術大学アート&デザインセンター
企画:名古屋芸術大学デザイン領域ヴィジュアルデザインコース

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー