instagram
twitter
facebook
大岩オスカールによる作品『LIFE BOAT』 を出発点とした企画展「白い赤」が開催。

2018.02.17.Sat - 03.04.Sun | GALLERY CAPTION(岐阜|岐阜市)

 

コレクターとして知られ、現在は外詩( がいし) 作家として活動する佐倉密のコレクション作品のひとつ「大岩オスカール“LIFE BOAT”」( 紙粘土、他/ 2000 年) を出発点とした企画展「白い赤」が、2 月17 日からGALLERY CAPTION にて開催される。

展覧会タイトルの「白い赤」とは、大切な人への贈り物“ハート”を意味する。これは大岩オスカールの「LIFE BOAT」の、紙粘土でできた白いハートから、佐倉氏が思い立ったもの。この作品が制作された2000 年前後、大岩オスカールは新しい世紀に向けて「ノアの方舟」をテーマにした作品をいくつか発表しており、「LIFE BOAT」もその一つ。なにかの生き物の亡骸のようでありながら、船の骨格にも見える作品に、ハートがひとつ、配置されている。

本展では、この作品に呼応するように、佐倉密コレクションより選ばれた、岡崎和郎の貝合わせのようなハートのオブジェ「A Pair ofHearts 1965-1998」(石膏、1998 年)と、黒田泰蔵の薄くふくらんだ「白磁茶碗」の2 点を加え、さらに金田実生、木藤純子、寺田就子、松原奈々、三輪祐子、森末由美子ら6 人の作家が、「白い赤」をテーマに制作した作品や旧作で展示構成する。

 

大岩オスカール 「L I F E B O A T 」紙粘土、他 2000 年 ( 佐倉密コレクション)

イベント情報

2018年2月17日(土)~3月4日(日)
「白い赤」
会場: GALLERY CAPTION 岐阜市玉姓町3-12 伊藤倉庫
開廊時間: 12:00~18:30
休廊日: 月・火曜日および2/25 
企画:佐倉密 GALLERY CAPTION
協力:ギャラリーほそかわ
問:058-265-2336
http:/www.gallerycaption.info/

佐倉密|Mitsu Sakura
1967 年岐阜県生まれ
2000 年 「空き地」(豊田市美術館、愛知)にコレクターとして参加。近年は外詩(がいし)作家として展覧会に携わる。主な展覧会に「宥密法」(2003 年/豊田市美術館、愛知)、「松澤宥と九つの柱」(2004 年/広島市現代美術館)、「言ノ葉ノかげ-ふたりの詩人のふたつの美術」(2005 年/京都芸術センター)、「宇宙御絵図」(2007 年/豊田市美術館)ほか。

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー