instagram
twitter
facebook
世界中にファンをもつポスター作家、レイモン・サヴィニャックの大規模個展が開催。

2018.06.30.Sat - 09.02.Sun | 三重県立美術館(三重|津)

 

シンプルな造形とあざやかな色彩が特徴のポスターを多く手掛けた、レイモン・サヴィニャックの展覧会「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」が三重県立美術館にて、6月30日から開催される。

レイモン・サヴィニャック(1907‐2002)は、40歳の時にベルナール・ヴィルモとの二人展で発表した《牛乳石鹸モンサヴォン》のポスター原画が、モンサヴォンのオーナーの目にとまり、広告へと正式採用されると、1950 年代から 60 年代にかけては、ビック、チンザノ、シトロエン、ダンロップ、ミシュラン、ティファール、プチ・バトーといった企業の広告を数多く手がけ、代表作を次々に生み出した。

本展は、フランスの戦後ポスター史を彩る名作の数々を、「動物」、「子ども」、「自動車」、「パリ」といったモチーフごとに紹介。原画や当時の写真などもあわせて展示し、サヴィニャックの人物と作品の魅力に迫る。

また、会期中には、子どもワークショップや、サヴィニャックの作品やサヴィニャックが暮らした土地(パリ、ノルマンディー地方トゥルーヴィル)にインスパイアされたスペシャルランチの提供も予定している。

イベント情報

2018年6月30日(土)~9月2日(日)
サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法
会場:三重県立美術館 津市大谷町11番地
時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
観覧料:一般1,000円 学生800円 高校生以下無料
休館日:月曜日 (ただし 7月16日は開館)、7月17日
問:059-227-2100

※各イベントの詳細・お申込みは三重県立美術館HPをご覧ください。
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/index.shtm

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー