instagram
twitter
facebook
名古屋みなとまちの『ボタンギャラリー』が10月末で閉廊。平山昌尚(HIMAA)、宮田明日鹿、渡辺英司らが最後の展覧会に出品。

2018.10.26.Fri - 10.28.Sun | Botão Gallery(愛知|築地口)

 

2015年よりウィンドーギャラリーとして継続的に展示を行ってきた、名古屋みなとまちにある「ボタンギャラリー」が、建物の取り壊しのため、2018年10月末での閉鎖が決定。最後の展覧会となる『殿様のわらじ』展と記録展が10月26日(金) から10月28日(日)にかけて開催される。

本展は、アーティストや来訪者、近隣の方々などが参加し、それぞれの一品に値段をつけ、展示する展覧会となっており、落語の一節にある「殿様が一度も履かなかったワラジ」(つまりは普通のワラジ)に付加価値をつける骨董屋の笑い話から、美術作品や身の回りのモノの価値について考え、来場者と一緒に楽しむ最後の機会になればととの想いで企画されたもの。

出品予定作家は、犬飼興一、今村遼佑、大塚泰子、小川智彦、記憶のはがし方プロジェクト(阿部大介+鷹野健)、小林真依、冨井大裕、富永敏博、平山昌尚/HIMAA、ボン靖二、宮田明日鹿、渡辺英司 ほか。

イベント情報

2018年10月26日(金)~10月28日(日)
Botão Exhibition vol.15
殿様のわらじ|The Sandal of King
ボタンギャラリー 記録展|Botão Gallery Document

会場:Botão Gallery(ボタンギャラリー) 名古屋市港区名港1-15-14
開館時間:11:00~19:00
入場無料
問:052-654-8911
http://www.mat-nagoya.jp/exhibition/4615.html

 

イベントワークショップ
ボタンギャラリーのドキュメントブックを来場者のみなさんとともに制作します。一部お持ち帰りいただけます。
日時:10月27日(土)28日(日)13:00–16:00(出入り自由)
会場:Botão Gallery 2F

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー