instagram
twitter
facebook
タイに5年間滞在した日本人写真家/映像作家・小川遼による、現地の日常風景をテーマとした展示が名古屋3会場で巡回開催。

2018.12.02.Sun - 12.30.Sun | The Sessions、CAFE G.A.、YANGGAO(愛知|名古屋)

名古屋出身でタイに5年間在住した写真家/映像作家・小川遼による個展が、12月2日(日)〜12月30日(日)まで約1ヶ月間、3会場にて開催される。会場は、名古屋のセレクトショップ「The Sessions」、カフェ「CAFE G.A.」、タイカレー店「YANGGAO」の3店舗。

過去にタイでも個展を開いたという小川遼は、「5年間住んだ国で感じたことを色んな人とシェアできれば」という思いのもと、今回の作品をタイの日常風景をテーマに絞り、地元名古屋での展示開催に至ったのだそう。「日本だったらありえない、だけどどこか憎めないホッコリしてしまう」そんなタイでの日常風景の数々が、彼のフィルターを通して写真作品となって展示される。

 

 

今回の個展に合わせて、ポストカードとT-shirtなどオリジナルグッズ販売や、「The Sessions」店内で開催されるオープニング・パーティーでは「YANGGAO」のタイカレー出店、同店店主であるDJ MOOLAによるタイのレコードを使ったDJプレイも。こちらもお楽しみに。

 

イベント情報

2018年12月2日(日)〜12月30日(日)
RYO OGAWA 2nd EXHIBITION
“Sabai dee contradiction” 

会場:The Sessions、CAFE G.A.、YANGGAO
時間:会場により異なる

2018年12月2日(日)
OPENING PARTY at “The Sessions”
会場:The Sessions
時間:12:00-19:00
出店(カレー):YANGGAO
出演:DJ MOOLA(YANGGAO)

小川遼

愛知県名古屋市出身の写真家兼、映像作家。20歳の時に英語の語学留学で渡ったタイ、バンコクにてスケートボードを通して出会った友人達と意気投合しPreduce Skatebordsにてasistant Filmer としてフルレングスビデオ”SUPER MIX”の制作に参加した。彼の写真は近代化が進み続けるバンコクで普段見落としがちなものを通した作品が特徴。https://www.instagram.com/ogawa_ryo/?hl=ja

posted by T.TAKEBE

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー