instagram
twitter
facebook
ハンドメイドのセラミックレーベル『SHOKKI』が、様々なアーティストやアパレルブランドとコラボしたアイテムを展示する「TOO MUCH TO MATCH」が開催!

2018.12.08.Sat - 12.25.Tue | galerie P+EN(愛知|国際センター)

 

2013年にスタートし、ハンドメイドの食器や鉢、オブジェなど、一点もののプロダクトの企画と製作をしているセラミックレーベル、SHOKKIによる展覧会『TOO MUCH TO MATCH』が、12月8日から、galerie P+ENにて開催される。

SHOKKIは様々なアーティストやアパレルブランド、出版社などとのコラボレーションによってアートピースやプロダクトを製作するシリーズ『TOO MUCH TO MATCH』を企画し、2018年には20を超えるコラボレーションを展開してきた。本展では、セレクトしたコラボレーションワークを中心に、SHOKKIのソロプロダクト(SHOKKI Originals)も併せて展示販売する。

コラボレーターは、SEA SONS PRESS、Eunice Luk、DOOKS、TOWNBOY、Michiko Fujitaなど。

イベント情報

2018年12月8日(土)~25日(火)
SHOKKI: TOO MUCH TO MATCH
会場:galerie P+EN 名古屋市西区那古野1-20-37
時間: 12:00 ~ 19:00
休業日: 12月12日(水)
http://www.pp-en.com

【collaborator】
SEA SONS PRESS、MASAKI KOMOTO、ARAKAWA.、Ueda Brothers [Tadashi / a Maison ALASKA]、Momoe Narazaki、Akane Nakajima、Mari Tanimoto、Eunice Luk、DOOKS、TOWNBOY、WATARU TOMINAGA、Ichiro Fukui / Brisées、Suguru RYUZAKI & Rie SUZUKI、Plan P、Michiko Fujita、tamaki iwao、Taisuke Tsugimatsu

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー