instagram
twitter
facebook
『わたしはマララ』 : 最年少でノーベル平和賞を受賞した17歳の少女と、その家族を追ったドキュメンタリー。

2015.12.11.Fri - | 伏見ミリオン座 他(愛知|伏見)

marara

アカデミー賞®を受賞した「不都合な真実」のデイヴィス・グッゲンハイム監督が、世界を変えようとしている少女とその家族を追った感動のドキュメンタリー映画『わたしはマララ』が12月11日から伏見ミリオン座で上映される。

パキスタンで学校を経営する詩人の父と文字の読めない母の長女として生まれたマララ。生まれ育ったパキスタン北部にあるスワート渓谷が、タリバンに支配されると、女子の教育妨害など様々な圧政が為された。その様子をブログなどで綴る彼女だったが、ドキュメンタリーへ出演したことによって身元が知れ渡り、タリバンに命を狙われる身に。そして2012年、当時15歳だったマララと友人が下校途中に銃撃されるという事件が起きてしまう。なんとか一命をとりとめた彼女は、「ノーベル平和賞」を受賞。その後もマララ基金を設立するなど子どもの権利のために活動する彼女と、その家族の姿に迫る。

ブラッド・ピットの大ファンだという、いたって普通の彼女が、どのように世界を変えようと思うに至ったのか。一人の女性の成長を瑞々しく捉えた感動のドキュメンタリー作品となっている。

marara2

イベント情報

2015年12月11日(金)~ ロードショー
『わたしはマララ』
公式HP:http://www.foxmovies-jp.com/malala/
監督:デイヴィス・グッゲンハイム
出演:マララ・ユスフザイとその家族
日本語字幕:栗原とみ子
画像:©2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
2015年 / アメリカ / 英語 / カラー / ヴィスタサイズ
88分

上映劇場:伏見ミリオン座 名古屋市中区栄1-4-16
http://www.eigaya.com/
※その他の上映劇場は公式HPでご確認ください。

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー