instagram
twitter
facebook
【更新】『ア・フィルム・アバウト・コーヒー』 : コーヒーに人生をかける、プロフェッショナルたちを追ったドキュメンタリー。

2016.01.16.Sat - | センチュリーシネマ(愛知|矢場町) 他

coffee

 

豆の選定、焙煎、ドリップ方法など、様々なアプローチで「究極のコーヒー」を追求するプロフェッショナルたちの姿を捉えたドキュメンタリー映画『ア・フィルム・アバウト・コーヒー』が、伏見ミリオン座での好評を得て、1月16日から、センチュリーシネマにて延長上映される。

本作では、ポートランドのサードウェーブコーヒーの先駆者「スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ」や、日本進出の際は連日行列ができるほど話題になった「ブルーボトルコーヒー」、多くのファンから惜しまれつつも閉店した、東京・表参道の「大坊珈琲店」、NY系の本格エスプレッソを提供する「ベアポンド エスプレッソ」などなど、世界のコーヒー・カルチャーを牽引する名店が登場。彼らの熱き仕事ぶりと哲学を追い、一時のブームにはとどまらない大きなコーヒー・ムーブメントの“今”を鮮やかに浮き彫りにしていく。

手掛けたのは、サンフランシスコ在住のCMクリエイター、ブランドン・ローパー監督。本作は自主制作映画でありながらも、世界30カ国108都市のコーヒー愛好者の手で自主的な上映会が開催され話題を呼び、ついに本国アメリカでも配給が決定。コーヒーへの深い愛情が育んだ本作を観れば、コーヒーがより身近に、より愛しく思えるだろう。

 

 

 

『ア・フィルム・アバウト・コーヒー』の映画鑑賞券を、
LIVERARY読者3組6名様に抽選でプレゼント!

この記事をTwitterでリツイート、もしくはFacebookでシェアしてくださった方の中から抽選で3組6名様に、『ア・フィルム・アバウト・コーヒー』の映画鑑賞券を進呈致します。


【Twitterで応募する】

① LIVERARYのTwitter アカウントをフォロー。(すでにされている方はそのままでOK)
②この記事の最下部にある、ツイートマークをクリック(もしくは、LIVERARYの告知ツイートを引用してください)。
③この記事のリンクとともに、あなたのお気に入りの名古屋の喫茶店/コーヒーショップ名をひとつ選んでツイートをしてください。その際、#LIVERARY_COFFEE を付けることをお忘れなく!

【Facebookで応募する】

① LIVERARYのFacebookページで「いいね!」ボタンをクリック。(すでにされている方はそのままでOK)
② 『ア・フィルム・アバウト・コーヒー』 の記事をシェアして、コメント欄に、あなたのお気に入りの名古屋の喫茶店/コーヒーショップの店名をひとつ選んで書き込んで下さい。


【注意事項】

※応募〆切は、2015年12月30日(水)まで
※当選の発表は、TWITTER、Facebookにて、応募者様個別にLIVERARYスタッフよりご連絡致します。
※Twitterで応募された場合、当選のお知らせをDMにてお送りしますので、必ずLIVERARYアカウントフォローして下さい。
※Facebookの場合、メッセージが届きますのでご確認下さい。

 

coffee1

 

LIVERARYでは、こちらの映画上映にちなんで「名古屋でも楽しめる、こだわりのコーヒー店特集(仮)」を企画中。そちらもお楽しみに!

イベント情報

2016年1月16日(土)~
『ア・フィルム・アバウト・コーヒー』
公式HP:http://www.afilmaboutcoffee.jp/
監督:ブランドン・ローパー
出演: ダリン・ダニエル(スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ)、マイケル・フィリップス(ハンサム・コーヒー・ロースターズ)、ジェームス・フリーマン(ブルーボトルコーヒー)、ケイティ・カージュロ(カウンター・カルチャー・コーヒー)、アイリーン・ハッシ・リナルディ(リチュアル・コーヒー・ロースターズ )、大坊勝次(大坊珈琲店) 、田中勝幸(ベアポンド・エスプレッソ)ほか
画像: © 2014 Avocados and Coconuts.
配給・宣伝:メジロフィルムズ
2014 年 / アメリカ /  16:9 / デジタル
66分

上映劇場:センチュリーシネマ 名古屋市中区栄三丁目29-1名古屋パルコ東館8F
http://www.eigaya.com/
※その他の上映劇場は公式HPにてご確認ください。

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー