instagram
twitter
facebook
『無伴奏』 : 激動の1970年代前後を舞台に描かれる、切なく耽美なラブストーリー。

2016.03.26.Sat - | センチュリーシネマ(愛知|矢場町) 他

muban

直木賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を完全映画化した『無伴奏』が、3月26日からセンチュリーシネマほかで上映される。

日本中で学生たちが学生運動を起こす混沌とした1969年。仙台で過ごす多感な女子高校生の響子は、同級生のレイコやジュリーとともに、時代に流されて制服廃止闘争委員会を結成し、学園闘争を行っていた。ある時、レイコに連れられ、初めてクラシック音楽の流れる喫茶店「無伴奏」へ足を運ぶ響子。そこで偶然にも渉、祐之介、エマと出会う。「バッヘルベルのカノン」をリクエストした渉に、響子は次第に惹かれていく。少女から大人の女へ。その恋の先には何が待ち受けているのか?

主人公・響子を演じるのは、弱冠23歳にして数多くの映画で主演を務める実力派女優、成海璃子。常に優しい笑顔を浮かべながらもどこか翳りのある青年・渉を、池松壮亮が演じ、ナイーブで複雑な心情を体現している。祐之介役には斎藤工が、祐之介の恋人エマ役を遠藤新菜が体当たりで演じる。多感な恋に揺れ動く男女の姿を繊細かつ大胆に描く、切なく耽美なラブストーリーが誕生した。

イベント情報

2016年3月26日(土)~
『無伴奏』
公式HP:http://mubanso.com/
監督:矢崎仁司
出演:成海璃子、池松壮亮、斎藤工、遠藤新菜、松本若菜、酒井波湖、仁村紗和、斉藤とも子、藤田朋子、光石研
配給・製作プロダクション:アークエンタテインメント
2015年/日本/カラー/16:9/5.1ch/132分/R15+
画像:(c) 2015「無伴奏」製作委員会

上映劇場:センチュリーシネマ 名古屋市中区栄三丁目29-1名古屋パルコ東館8F
http://www.eigaya.com/
※その他の上映劇場は公式HPにてご確認ください。

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー