instagram
twitter
facebook
『レジェンド 狂気の美学』 : スウィンギン·ロンドンの時代に実在した、伝説の双子ギャング·クレイ兄弟。トム·ハーディが一人二役で熱演!

2016.06.18.Sat - | センチュリーシネマ(愛知|矢場町)

legend

20世紀のイギリス犯罪史上もっとも有名な犯罪者と言われる、双子のギャングスター・クレイ兄弟の実話を基にしたクライムサスペンス映画『レジェンド 狂気の美学』が6月18日からセンチュリーシネマほかにて公開される。

1960年代初頭、活気に満ちたロンドン。双子のギャング、レジーとロンは手段を選ばない方法で街の権力を手中に収めつつあった。さらなる勢力拡大のためにアメリカのマフィアと手を組み、有力者やセレブリティとも懇意の関係を築き上げた彼らの影響力はイギリス社会の上流階級にまで及び、その勢いはとどまるところを知らなかった。そんな時レジーは部下の妹フランシスと恋に落ち結婚。悪事と手を切ると約束したレジーは、自らが所有する複数のナイトクラブの経営に注力するようになる。しかし組織内の不調和、警察の執拗な捜査、ロンの凶暴性、偏執性と自滅的な行動が引き起こす数々の災厄によって彼らの栄華は徐々に脅かされてゆく。やがて兄弟の絆に綻びが生じ、レジーとフランシスの結婚 生活も破綻してゆく―。

クレイ兄弟を一人二役で演じるのは、日本でも絶大な人気を獲得したトム·ハーディ。圧倒的な演技力で演じ分け、英国インディペンデント映画賞など3つの賞に輝いた。また、レジーの妻フランシス役には『ゴッド·ヘルプ·ザ・ガール』での好演も記憶に新しいエミリー·ブラウニング。さらに、同性愛者だったロンの部下で、愛人を『キングスマン』で大ブレイクしたタロン·エガートンが務めているほか、『ハリー·ポッター』シリーズのデヴィット·シューリスなど、実力派俳優たちが脇を固めている。

エンターテイメント性もさることながら、当時を徹底的にリサーチした、ファッション、音楽、美術なども見どころだ。鮮やかな映像からスウィンギン·ロンドンの時代の空気をたっぷり感じられる作品となっている。

イベント情報

2016年6月18日(土)~
『レジェンド 狂気の美学』
公式HP:http://www.legend-movie.net/
監督・脚本:ブライアン・ヘルゲランド
出演:トム・ハーディ、エミリー・ブラウニング、タロン·エガートン、デヴィッド・シューリス
配給:アルバトロス・フィルム
画像:(C) 2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.
2015年/イギリス/英語/5.1ch/シネスコ/原題:Legend
131分/R15+

上映劇場:センチュリーシネマ 名古屋市中区栄三丁目29-1名古屋パルコ東館8F
http://www.eigaya.com/
※その他の上映劇場は公式HPにてご確認ください

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー