instagram
twitter
facebook
『葛城事件』 : 三浦友和の新たな代表作誕生!? 無差別殺傷事件の背景にある闇を炙り出す、家族という地獄の物語。

2016.06.18.Sat | センチュリーシネマ(愛知|矢場町)ほか

katsu

2012年に『その夜の侍』で監督デビューを果たし、国内外で高い評価を得た赤堀雅秋監督による最新作『葛城事件』が、6月18日からセンチュリーシネマにて公開される。

葛城清は美しい妻と共に2人の子どもを育て上げ、理想の家庭を築きあげたはずだった。しかし、清の思いの強さは、気づかぬうちに家族を抑圧的に支配するようになる。長男・保は、幼い頃から従順でよくできた子供だったが、対人関係に悩み、会社からのリストラを誰にも言い出せずにいた。堪え性がなく、アルバイトも長続きしない次男・稔は、ことあるごとに清にそれを責められ、理不尽な思いを募らせている。清に言動を抑圧され、思考停止のまま過ごしていた妻・伸子は、ある日、清への不満が爆発してしまい、稔を連れて家出する。そして、迎えた家族の修羅場・・・。葛城家は一気に崩壊へと向かっていく―。

本作は2013年に上映され話題となった同名舞台を監督自身が新たに改稿したもの。無差別殺傷事件を起こした死刑囚とその家族、死刑廃止の立場から加害者と獄中結婚した女性が繰り広げる壮絶な人間模様を描いた。主人公の葛城清役に、三浦友和。赤堀監督が「これは三浦友和さんの代表作になると、僕自身は勝手にそう思ってます。」と語るほどの演技を見せている。その他、徐々に精神を病んでいく母親・伸子役に南果歩、繊細な兄の保役には、舞台版「葛城事件」を演じた新井浩文、無差別殺傷事件を起こす弟の稔役はオーディションで選ばれた若葉竜也など実力派俳優が集結し、それぞれが問題を抱えながら歯車が狂いだし、極限に立たされた家族を演じている。

人間の本質に根ざす無様さや滑稽さ、残酷さや狂気まであぶり出してきた赤堀監督が紡ぐ本作で、葛城一家のたどる運命に引き込まれていく。

イベント情報

2016年6月18日(土)~
『葛城事件』
公式HP:http://katsuragi-jiken.com/
監督・原案・脚本:赤堀雅秋
出演:三浦友和、南果歩、新井浩文、若葉竜也、田中麗奈
配給:ファントム・フィルム
画像:(C)2016「葛城事件」製作委員会
2016年/日本/120分/PG12

上映劇場:センチュリーシネマ 名古屋市中区栄三丁目29-1名古屋パルコ東館8F
http://www.eigaya.com/
※その他の上映劇場は公式HPにてご確認ください

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー