instagram
twitter
facebook
『生きうつしのプリマ』 : 「ハンナ·アーレント」監督&主演最新作は、オペラとジャズで彩られた母娘の過去をめぐるミステリー。

2016.07.23.Sat | 伏見ミリオン座(愛知|伏見)

purima

ヨーロッパで数多くの賞に輝き、日本でも異例の大ヒットを記録した「ハンナ·アーレント」の名匠マルガレーテ·フォン·トロッタと主演のバルバラ·スコヴァが贈る最新作『生きうつしのプリマ』が7月23日から伏見ミリオン座にて公開される。

「話があるんだ」と思いつめた声で父から呼び出されたゾフィは、ネットのニュースを見せられて唖然とする。そこには、1年前に亡くなった最愛の母エヴェリンに生き写しの女性が映っていた。彼女の名はカタリーナ、メトロポリタン·オペラで歌う著名なプリマドンナで、同じ歌手でもドイツの名もないクラブをクビになったばかりのゾフィとは住む世界の違うスターだ。父はどうしても彼女のことが知りたいと、ゾフィを強引にニューヨークへと送り出す。気まぐれでミステリアスなカタリーナに振り回されながら、彼女と母の関係を探るゾフィ。どうやら母には、家族の知らないもう一つの顔があったらしい──。

バルバラ·スコヴァが一人二役で秘密を抱えたカタリーナとエヴェリン役を演じるほか、ゾフィ役を『帰ってきたヒトラー』のカッチャ·リーマンが演じる。トロッタ監督は「歌も歌える程度の女優なら大勢いますが、2人は“女優” と“歌手”という2つの職業を見事に両立させている稀有な女優です。この作品は、ある意味2人に捧げるオマージュなのです。」と語るように、それぞれの歌唱シーンは必見となっている。

監督自身の過去から着想を得て作りあげた本作は、半自伝的とも言える特別な作品となっており、ミステリーでありながらも家族とは何かを巧みに問いかけてくる感動作だ。


イベント情報

2016年7月23日~
『生きうつしのプリマ』
公式HP:http://gaga.ne.jp/ikipuri/
監督:マルガレーテ・フォン・トロッタ
出演:カッチャ・リーマン、バルバラ・スコヴァ、マティアス・ハービッヒ
画像:(C)2015 Concorde Filmverleih / Jane Betke
配給:ギャガ
2015年/ドイツ
101分

上映劇場:伏見ミリオン座 名古屋市中区栄1-4-16
http://www.eigaya.com/
※その他の上映劇場は公式HPにてご確認ください。

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー