instagram
twitter
facebook
『淵に立つ』 : 圧倒的な人間描写で家族を問い直す、2016年最大の衝撃作。深田晃司監督の舞台挨拶も。

2016.10.08.Sat - | 伏見ミリオン座(愛知|伏見) 

fuchi

「歓待」「ほとりの朔子」「さようなら」と各国の映画祭で話題を集め、一作ごとに人間ドラマの新たな地平を切り開き、30代の若さで世界の映画シーンにその名を刻み続ける深田晃司の最新作『淵に立つ』が、10月8日から伏見ミリオン座にて上映される。

郊外で小さな金属加工工場を営む鈴岡家は、夫・利雄、妻・章江、10歳の娘・蛍の三人家族。平穏な毎日を送るごく平凡な家族の前にある日、利雄の旧い知人で、最近まで服役していた八坂草太郎が現れる。突然一緒に暮らすことになった章江は戸惑うが、礼儀正しく、蛍のオルガンの練習にも喜んで付き合う八坂に好意を抱くようになる。だが、ある時、八坂は一家に残酷な爪痕を残して姿を消す。8年後、皮肉な巡り合わせから八坂の消息をつかむが、それをきっかけに夫婦は再び己の心の闇と対峙することになる―。

怪しくも魅力的な佇まいで家族を翻弄する男・八坂を演じるのは、国際的に活躍する浅野忠信。夫婦役には、古舘寛治が寡黙さの内に覚悟を秘めた夫役で新境地を見せ、筒井真理子が妻の心身の変化を凄まじいまでの説得力で体現する。深田晃司が、最高のキャスト・スタッフと組み、大胆にして緻密なストーリーテリングで観客一人ひとりの想像力と価値観に揺さぶりをかける本作は、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞。初ノミネートで初受賞の快挙を成し遂げた。

尚、伏見ミリオン座にて10月9日(日)の9時30分の回の上映後、深田晃司監督の舞台挨拶&サイン会が開催される。

イベント情報

2016年10月8日(土)~
『淵に立つ』
公式HP:http://fuchi-movie.com/
監督・脚本・編集:深田晃司
出演:浅野忠信、筒井真理子、太賀、三浦貴大、篠川桃音、真広佳奈、古舘寛治
配給:エレファントハウス、カルチャヴィル
画像:(C)2016映画「淵に立つ」製作委員会/COMME DES CINEMAS
2016年/日本・フランス/日本語/ヨーロピアン・ヴィスタ/DCP
119分
第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門 審査員賞 受賞

上映劇場:伏見ミリオン座 名古屋市中区栄1-4-16
http://www.eigaya.com/schedule/2week/
※その他の上映劇場は公式HPにてご確認ください。

深田晃司監督 舞台挨拶&サイン会
2016年10月9日(日) 9:30の回 上映後 (開場9:00 開映9:30 上映後11:30〜トークショー)
会場:伏見ミリオン座 ミリオン2 (104席)
ゲスト:深田晃司 監督(予定)
料金:通常料金(前売鑑賞券・各種割引使用可/招待券使用不可)
販売方法:当日 劇場オープン時AM9:00より 劇場窓口にて入場券の販売を行います。
前売券等をお持ちの方も入場券との引換えが必要となります。
※入場は受付先着順、全席自由席となります。
トークショー終了後、パンフレットを購入いただいた方を対象に深田監督のサイン会を劇場ロビーにて実施します。

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー