instagram
twitter
facebook
『ダゲレオタイプの女』 : 黒沢清監督がオールフランスロケで挑んだ、クラシカルで端正なホラー・ラブロマンス。

2016.10.15.Sat | 伏見ミリオン座(愛知|伏見)ほか

dage

カンヌ、ヴェネチア、ベルリンといった世界三大映画祭に出品され、ヨーロッパを中心に世界中で高い評価を得ている黒沢清監督がオールフランスロケ、全編フランス語のオリジナルストーリーで挑んだ初めての海外進出作品『ダゲレオタイプの女』が、10月15日より伏見ミリオン座にて公開される。

ダゲレオタイプの写真家ステファンのアシスタントに偶然なったジャン。彼は、ダゲレオタイプの撮影方法の不思議さに魅了されながら、モデルを務めるステファンの娘マリーに恋心を募らせる。しかし、その撮影は「愛」だけではなく苦痛を伴うものだった……。その苦しみのせいで自殺した妻ドゥニーズの幻影に怯えながら、娘にも同じことを強いてしまう父。父を慕いながらも拘束され続ける撮影と家を離れ自らの人生をつかみたいマリーの想い。ジャンは、愛するマリーを囚われの家から救い出そうとするが…。

これまでに数々の映画賞を受賞している実力派俳優、タハール・ラヒムや、『女っ気なし』で注目を集めた女優コンスタンス・ルソーや、マチュー・アマルリックなど、フランス映画界のみならず、世界の映画界を支える名優たちが競演。映画音楽を担当したのはデプレシャン監督作品で知られるグレゴワール・エッツェル。数々の映画音楽を手掛けてきたエッツェルが本作のためにアビーロードスタジオで映画音楽を収録、唯一無二の黒沢世界を美しく彩っている。

イベント情報

2016年10月15日(土)~
『ダゲレオタイプの女』
公式HP:http://www.bitters.co.jp/dagereo/
監督・脚本:黒沢清
出演:タハール・ラヒム、コンスタンス・ルソー、オリヴィエ・グルメ、マチュー・アマルリック
配給:ビターズ・エンド
提供:LFDLPA Japan Film Partners(ビターズ・エンド、バップ、WOWOW)
画像:© FILM-IN-EVOLUTION – LES PRODUCTIONS BALTHAZAR – FRAKAS PRODUCTIONS – LFDLPA Japan Film Partners – ARTE France Cinéma
2016/フランス=ベルギー=日本
131分

上映劇場:伏見ミリオン座 名古屋市中区栄1-4-16
http://www.eigaya.com/schedule/2week/
※その他の上映劇場は公式HPにてご確認ください。

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー