instagram
twitter
facebook
『この世界の片隅に』 : 戦時中の広島県呉市を舞台に、ある女性の姿を描いた100年先に伝えたい珠玉のアニメーション。

2016.11.12.Sat - | 伏見ミリオン座ほか(愛知|伏見)

0916_%e3%81%93%e3%81%ae%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3l

第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞したこうの史代の同名コミックを片渕須直監督がアニメ映画化した『この世界の片隅に』 が、11月12日から伏見ミリオン座ほかにて公開される。

昭和20年、第二次世界大戦中の広島・呉。すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。日本海軍の根拠地だった呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。 だが、戦争は進み、呉は何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

どうすることもできない悲壮な時代の中で、大切なものを失いながらも、日々を大切に、前を向いて生きる主人公・すずを演じるのは、本作でアニメ映画初主演を果たす、女優・のん。楽曲はシンガー・ソング・ライターのコトリンゴが手掛け、作品の世界観を壮大に歌い上げている。

尚、伏見ミリオン座では、同劇場でしか見る事の出来ない片渕監督本人が作品の魅力を語る、スペシャルメッセージ映像が2週間限定で本編開始前に上映される。

イベント情報

2016年11月12日(土)~
『この世界の片隅に』
公式HP:http://konosekai.jp/
監督・脚本:片渕須直
原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊)
声の出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 澁谷天外
音楽:コトリンゴ
製作統括:GENCO
アニメーション制作:MAPPA
配給:東京テアトル
©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
126分

上映劇場:伏見ミリオン座 名古屋市中区栄1-4-16
http://www.eigaya.com/schedule/2week/
※その他の上映劇場は公式HPにてご確認ください。

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー