instagram
twitter
facebook
『エゴン・シーレ 死と乙女』:魂を揺さぶる鮮烈な作風で美とエロスを描き、28年の生涯を駆け抜けた天才画家エゴン・シーレの半生と彼をめぐる女たちの物語。

2017.02.04.Sat | 名演小劇場(愛知|栄)

20世紀の幕開けとともにウィーン画壇に彗星のごとく現れ、スキャンダルと挑発的な名画の数々を残してわずか28歳で早逝した天才画家、エゴン・シーレ。スキャンダルとエゴイズム、そして彼をめぐる女たちとともに駆け抜けた半生を描く、映画『エゴン・シーレ 死と乙女』が2月4日(土)より名演小劇場にて公開される。

第一次世界大戦末期のウィーン。天才画家エゴン・シーレはスペイン風邪の大流行によって、妻エディットとともに瀕死の床にいた。そんな彼を献身的に看病するのは、妹のゲルティだ。時を遡ること、1910年。美術アカデミーを退学したシーレは、画家仲間と“新芸術集団”を結成、16歳の妹ゲルティの裸体画で頭角を現していた。そんなとき、彼は場末の演芸場でヌードモデルのモアと出逢う。褐色の肌を持つエキゾチックな彼女をモデルにした大胆な作品で一躍、脚光を浴びるシーレ。その後、敬愛するグスタフ・クリムトから赤毛のモデル、ヴァリを紹介されたシーレは、彼女を運命のミューズとして数多くの名画を発表。幼児性愛者という誹謗中傷を浴びながらも、シーレは時代の寵児へとのし上がっていく。しかし、第一次世界大戦が勃発。シーレとヴァリの愛も、時代の波に飲み込まれていく―。

エゴン・シーレを演じるのは、モデル出身の新人ノア・サーベトラ。美男のプレイボーイとして知られ、生涯のパートナーとも目されたヴァリを棄て、良家の子女を妻に迎える非情でいて野心的なシーレを、眼を奪う美貌とともに説得力たっぷりに演じた。監督ディーター・ベルナーはかつてミヒャエル・ハネケ監督の『セブンス・コンチネント』で主役を演じたことのある異色のキャリアの持ち主。新人サーベドラの魅力を引き出し、鮮烈なデビューを飾らせた。

シーレの「ヴァリの肖像」「横たわる女」や、クリムトの「ベートーベン・フリーズ」など十数点の名画が映画全編にわたり効果的に映し出されるのも見逃せない。エゴン・シーレ没後、約100年。今なお、多くの画家やアーティストに多大なインスピレーションを与え続けるシーレの伝説、そして最高傑作「死と乙女」に秘められた愛の物語が今、明らかになる―。

イベント情報

2017年2月4日(土)~ ロードショー
『エゴン・シーレ 死と乙女』
公式HP:http://egonschiele-movie.com/
監督:ディーター・ベルナー
脚本:ヒルデ・ベルガー/ディーター・ベルナー
出演:ノア・サーベトラ、マレシ・リーグナー、ファレリエ・ペヒナー、ラリッサ・アイミー・ブレイドバッハ
2016年/オーストリア・ルクセンブルク作品/ドイツ語/シネマスコープ/デジタル5.1ch/109分
英題:EGON SCHIELE – DEATH AND THE MAIDEN/R15+
後援:オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
画像:(C)Novotny & Novotny Filmproduktion GmbH

上映劇場:名演小劇場 名古屋市東区東桜2丁目23番7号
http://meien.movie.coocan.jp/

posted by A.SAKAKIBARA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー