instagram
twitter
facebook
【更新】オールナイト野外映画フェス「夜空と交差する森の映画祭」、今年は愛知の離島・佐久島にて開催。「アバウト・タイム」他公開作品も発表!

2017.10.07.Sat - 10.07.Sat | 佐久島(愛知|西尾市)

 

 

開催場所のシチュエーションを活かして一夜限りの幻想を作り上げる「夜空と交差する森の映画祭2017」が、10月7日(土)に開催される。4回目を迎えた今回は愛知県西尾市の離島、佐久島が会場となることが発表された。

「夜空と交差する森の映画祭」とは、森や川、岩場などバリエーション豊かなロケーションに設営した複数の特設スクリーンで長編映画やショートフィルムを上映する新しい映画鑑賞スタイルのオールナイトイベント。

今回は上映作品ラインナップ第一弾、長篇短編を含む、以下計18作品が発表された。
「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」
「水戸黄門Z」
「しまこと小豆島」
「DEPARTURE」
「stomach ache」
「サイキッカーZ」
「MY BIRD」
「頭上の色論」
「colorful」
「SEE YOU」
「ガチャガチャ/GACHA GACHA」
「Rouge」
「オレの生きる道」
「SAKURA」
「dear TOKYO」
「夜間飛行」
「つみきのいえ」
「ゴールデンタイム」

また、西尾市・愛知工業大学・NTTドコモによるワークショップ「佐久島×アート×ICT」の実施が決定し、アートの島ならではのプロジェクションマッピングにも期待が高まる。チケットの一般販売は7月24日(月)より開始しており、各主チケットは当日販売の予定はないため、お買い求めはお早めに!

映画好きはもちろんのこと、フェス好きな人も見逃せないイベントとなり、更なる情報の解禁が待ち遠しい。

 

 

会場・佐久島までは、西尾市の一色港から定期船でおよそ20分の船旅となる。島の至る所にアート・モニュメントが設置されているため、”アートの島”とも呼ばれており、そのロケーションを活かして一夜を盛り上げる。

 

佐久島

 

2017年のテーマは「しゅわしゅわ」。”気泡のように、現れては消えて儚くて切ない世界”を表現した、映画をただ流すだけではなく映画がそこで生きているようなストーリーを会場内やステージに行く途中に散りばめていく。

 

 

前回までの様子

 

 

イベント情報

2017年10月7日(土) ※オールナイト開催
夜空と交差する森の映画祭

会場:愛知県西尾市 佐久島
主催:森の映画祭実行委員会(代表・サトウダイスケ)
協力:Filmarks(フィルマークス)
公式サイト:http://forest-movie-festival.jp/

posted by M.TSUBOUCHI

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー