instagram
twitter
facebook
『幼な子われらに生まれ』 : 直木賞作家・重松清による原作小説を浅野忠信主演で映像化。「普通の家庭」を築けない不器用な大人たちのアンサンブルムービー。

2017.08.26.Sat - | センチュリーシネマ(愛知|矢場町)

数々のベストセラーを生み出した直木賞作家・重松清が1996年に発表した同名小説をもとに、三島有紀子監督がメガホンをとった『幼な子われらに生まれ』が、8月26日からセンチュリーシネマにて上映される。

一見良き父を装いながらも、妻の連れ子とうまくいかず悶々とした日々を過ごすサラリーマン、田中信。信の子供を妊娠中の妻・奈苗は男性に寄り添いながら生き、信と再婚した専業主婦。信との間に娘をもうけたが、人生に後悔を募らせるキャリアウーマンの元妻・友佳。そして、家族など自分の人生を妨げるものとして自由に生きる道を選んだ奈苗の元夫・沢田。彼らは父であり、母であり、夫であり、妻である「役割」をうまく担えない、不器用な大人たち。 「お父さんに会わせてよ。ほんとのお父さんに」―――血のつながらない娘が放った一言をきっかけに、いびつで繊細な関係を投げ出しそうになっていた信が、新たに‘家族’を作っていくまでを描いたヒューマンドラマ。

役者同士のその場面その場面での新鮮な感覚を大事にしたドキュメンタリー手法を使った撮影と、浅野忠信、田中麗奈、寺島しのぶ、宮藤官九郎など実力派であり個性派であり、日本を代表する役者陣による迫真の演技によって、観る者さえも家族の一員であるかのようなリアリティーで物語に引き込んでいく。血のつながらない家族、血のつながった他人がそれでも大事にしたいと思う人と幸せを紡いでいく、希望の物語。

イベント情報

2017年8月26日(土)~
幼な子われらに生まれ

公式HP:http://osanago-movie.com/
監督:三島有紀子
脚本:荒井晴彦
出演:浅野忠信、田中麗奈、宮藤官九郎、寺島しのぶ、水澤紳吾、池田成志 ほか
2016年/日本/127分
配給:ファントム・フィルム
コピーライト:ⓒ2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

上映劇場:センチュリーシネマ 名古屋市中区栄3-29-1 名古屋パルコ東館8F
http://www.eigaya.com/

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー