instagram
twitter
facebook
『スイス・アーミー・マン』:1人の青年と1体の死体が巻き起こす奇想天外な青春サバイバルアドベンチャー。

2017.09.22.Fri - | センチュリーシネマ(愛知|矢場町)

2016年のサンダンス映画祭で最優秀監督賞を受賞した、注目の話題作『スイス・アーミー・マン』が9月22日よりセンチュリーシネマにて公開される。

 無人島で助けを求める孤独な青年ハンク。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決し、その死体にまたがるとジェットスキーのように発進!様々な便利機能を持つ死体の名前はメニー。苦境の中、死んだような人生を送ってきたハンクに対し、メニーは自分の記憶を失くし、生きる喜びを知らない。「生きること」に欠けた者同士、力を合わせることを約束する。果たして2人は無事に、大切な人がいる故郷に帰ることができるのか──!?

前代未聞の主役・死体のメニーを演じるのは「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフ。無人島で遭難してしまった青年ハンクに「ルビー・スパークス」、「プリズナーズ」など個性派演技で定評を得ているポール・ダノ。ハンクが思いを寄せる女性サラを「10 クローバーフィールド・レーン」での演技が高評価だったメアリー・エリザベス・ウィンステッドが演じる。スパイク・ジョーンズやミシェル・ゴンドリーと同じくMVディレクターを経て映画監督デビューを果たしたダニエルズ(ダニエル・シャイナート、ダニエル・クワン)が独特の映像美と躍動感溢れる音楽で観るものを魅了する。

 

 

 

イベント情報

2017年9月22日(金)~
スイス・アーミーマン
公式HP:sam-movie.jp
監督・脚本:ダニエルズ(ダニエル・クワン、ダニエル・シャイナート)
撮影:ラーキン・サイプル
音楽:アンディー・ハル、ロバート・マクダウェル
出演:ダニエル・ラドクリフ、ポール・ダノ、メアリー・エリザベス ・ウィンステッド ほか
配給:ポニーキャニオン
宣伝:スキップ
コピーライト:ⓒ2016 Ironworks Productions, LCC.

2016年/アメリカ/97分

上映劇場:センチュリーシネマ 名古屋市中区栄3-29-1 名古屋パルコ東館8F
http://www.eigaya.com/schedule/2week/

posted by M.TSUBOUCHI

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー