instagram
twitter
facebook
『エンドレス・ポエトリー』:鮮やかな映像美と唯一無二の世界観で、世界中を魅了するカルト映画界の巨匠、アレハンドロ・ホドロフスキー監督の最新作がいよいよ公開!

2017.12.02.Sat - | センチュリーシネマ(愛知|矢場町)

 

カルト映画界の巨匠、アレハンドロ・ホドロフスキー監督が、実に23年ぶりの新作として2014年に公開した『リアリティのダンス』。その続編となる最新作『エンドレス・ポエトリー』が、12月2日(土)よりセンチュリーシネマにて公開される。

『エンドレス・ポエトリー』の物語は、前作のエンディングから始まる。舞台は、故郷トコピージャから首都サンティアゴへ。青年アレハンドロは、自分への自信のなさと抑圧的な両親との葛藤に悩み、この環境から脱し何とか自分の道を表現したいともがいていた。ある日、アレハンドロは従兄リカルドに連れられて、芸術家姉妹の家を訪れる。そこでは、古い規則や制約に縛られない、ダンサーや彫刻家、画家、詩人など若きアーティストたちが共に暮らしていた。彼らと接していく中でアレハンドロは、それまで自分が囚われていた檻から、ついに解放される。エンリケ・リンやニカノール・パラといった、後に世界的な詩人となる人物たちとの出会いや、初めて恋に落ちたステジャ・ディアスとの邂逅によって、アレハンドロの詩的運命は、新たな世界へと紐解かれていく。

本作はフランス、チリ、日本の共同製作で、新作を望む世界中のファン約1万人から、クラウド・ファンディングで資金の多くを集めて製作された、まさに待望の新作。撮影監督は『恋する惑星』など、手持ちカメラを使った独特の映像で知られるクリストファー・ドイル。ウォン・カーウァイをはじめ、ジム・ジャームッシュやガス・ヴァン・サントなど様々な監督の作品に携わってきたドイルが、今回初めてホドロフスキー監督とタッグを組んだ。前作同様、ホドロフスキーの長男であるブロンディス・ホドロフスキーがホドロフスキーの父親を、青年となったホドロフスキーを、末の息子であるアダン・ホドロフスキーが演じる。

自身の青年時代を虚実入り交じったマジック・リアリズムの手法で瑞々しく描き、「生きること」を全肯定する青春映画の傑作が誕生した。

イベント情報

2017年12月2日(土)~
『エンドレス・ポエトリー』
公式HP:http://www.uplink.co.jp/endless/
監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
撮影:クリストファー・ドイル
出演:アダン・ホドロフスキー、パメラ・フローレス、ブロンティス・ホドロフスキー、レアンドロ・ターブ、イェレミアス・ハースコヴィッツ ほか
配給・宣伝:アップリンク
2016年/フランス・チリ・日本/スペイン語/128分
ⓒPascale Montandon-Jodorowsky / ⓒ2016 Satori Films,Le Soleil Films y Le Pacte

上映劇場:センチュリーシネマ 名古屋市中区栄3-29-1 名古屋パルコ東館8F
http://www.eigaya.com/schedule/2week/

posted by A.SAKAKIBARA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー