instagram
twitter
facebook
『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』: デヴィッド・ボウイやイギー・ポップなどミュージシャンの写真を数多く手がけた写真家・鋤田正義を追ったドキュメンタリー。

2018.05.19.Sat - | センチュリーシネマ(愛知|矢場町)

 

デヴィッド・ボウイをはじめ、世界的アーティストのポートレートやアルバムジャケットを数多く手掛けてきた写真家・鋤田正義を追ったドキュメンタリー『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』が5月19日(土)よりセンチュリーシネマにて公開される。

 

鋤田正義、この5月で80歳。半世紀以上も第一線で活躍してきた彼は、今も尚、走り続ける。デヴィッド・ボウイと40年以上も親交を結び、マーク・ボランを撮った1枚は、ギタリストの布袋寅泰の人生を決定づけた。どのようにして鋤田はアーティストたちと信頼関係を築き、唯一無二の“一瞬”を写真に刻むことができたのか?各時代の多彩な作品の数々や孫のような若いアーティストと繰り広げる熱いフォトセッション、国内外で大反響を呼んでいる写真展・・・。鋤田の年齢を感じさせない旺盛な好奇心とチャレンジ精神、そして対象への温かな眼差しは、常に時代を見つめ未来を視野に入れている。ひとりのスターを長く追いかけることをライフワークとし、いくつもの《永遠の時》を獲得してきた鋤田。本作では、彼自身がアーティストとの思い出や写真への情熱を語るだけでなく、著名人が次々と登場し貴重なエピソードを披露する。

 

鋤田の現在進行形のドキュメンタリーとも言える本作は、『パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー〈永遠の3秒〉』『セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター』などに連なる写真家のドキュメンタリーにして、『デヴィッド・ボウイ・イズ』『ギミー・デンジャー』『Ryuichi Sakamoto: CODA』に連なる音楽ドキュメンタリーであり、さらには『人生フルーツ』『二郎は鮨の夢を見る』など人生の大先輩たちの刺激的なドキュメンタリーに連なる1作でもある。

 

イベント情報

2018年5月19日(土)~
『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』
公式HP:http://sukita-movie.com/
監督:相原裕美
出演: 鋤田正義、布袋寅泰、ジム・ジャームッシュ、山本寛斎、永瀬正敏、糸井重里、リリー・フランキー、クリス・トーマス、ポール・スミス、細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏 ほか
2018年/日本/115分
配給:パラダイス・カフェ フィルムズ
©2018「SUKITA」パートナーズ

上映劇場:名古屋パルコ東館8階 センチュリーシネマ(地下鉄[矢場町]駅 東館B1階直結地下通路)
http://www.eigaya.com/schedule/2week/

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー