instagram
twitter
facebook
『KUSO』 : 奇才フライング・ロータス初となる長編映画監督作品。2017年のサンダンス映画祭で“史上最もグロテスクな映画”とも称された問題作。

2018.09.15.Sat - 09.21.Fri | 伏見ミリオン座(愛知|伏見)

 

LA 生まれの世界的に有名な音楽プロデューサー、DJ、ラッパーで、映像作家としても知られるフライング・ロータスが監督を務めた初の長編映画『KUSO』が、9月15日(土)から9月21日(金)の期間、伏見ミリオン座にて上映される。

ロサンゼルスでの大地震後、人々は奇病におかされながらの生活を送っていた。首に喋る“こぶ”ができた女、ある“とんでもない虫”で人を治療する医者、常にお腹を下している男の子、コンクリートを食べる女性…様々な人々が織りなす、それぞれの狂気のストーリーが描かれた94分間。もはや最後には感動すら覚えるこの作品、あなたは耐え抜くことが出来るだろうか…!

“史上最もグロテスクな映画”とも称され、サンダンス映画祭にて退席者が続出したという問題作。摩訶不思議な映像体験をぜひ劇場で。

 

イベント情報

2018年9月15日(土)~9月21日(金) ※レイトショーのみの上映です
『KUSO』
公式HP:https://www.facebook.com/KusoEiga/
監督:スティーヴ
脚本:デヴィッド・ファース、スティーヴ
音楽:フライング・ロータス、ジョージ・クリントン、エイフェックス・ツイン、山岡晃
出演:ハンニバル・バーエス、ジョージ・クリントン、デヴィッド・ファース
2017年/94分/アメリカ/英語/R18+
配給:パルコ
宣伝協力:ビートインク

上映劇場:伏見ミリオン座(地下鉄[伏見]駅6番出口次角右へ1分)
http://www.eigaya.com/schedule/2week/
問:052-212-2437

フライング・ロータス
LA 生まれの世界的に有名な音楽プロデューサー、DJ、ラッパー、映像作家。電子音楽、ヒップホップ、ジャズなどの様々な音楽から影響を受けており、特異なリズムと重低音を特徴としたその音楽性は唯一無二である。親日家としても有名で、日本の映画、アニメやゲームのファンとしても知られ、好きな映画監督として三池崇史、北野武、塚本晋也や黒沢清らの名前を挙げている。

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー