instagram
twitter
facebook
Fashion is Fashion is Fashion!?
Vol.001

【FASHION SNAP】映像作家&ラッパー HADAの場合

「おもしろい」と思えることに個人差があるように、「オシャレ〜!」と思える判断基準にも、もちろん個人差があって然り。
でも、その個人差こそが、何かおもしろそう!?
そんなほぼ思いつきで、こちらの企画は、毎回カメラマンを変えながら、街をスナップしていく連載コラムとしてスタートします。

今回は、名古屋でラッパーをしながらも、映像作家というHADAさんにお願いしました。
最近だと、6EYESとオカザえもんのコラボムービーのディレクションや、音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB 2013」に作品がエントリーされるなど、シュールな作品性とマニアックな観点で映像を撮り続けている人物です。

そんなHADAさんに頼んだらどうなるかな〜?という不安と期待が入り交じった気持ちでスタートとなりました、第1回 Fashion is Fashion is Fashion!?

開口一番、「いや〜。ていうか、原宿くらいにしか、僕が認めるオシャレな人は存在しませんよ〜」とぼやき、少しやる気がなさそうな表情を浮かべるHADA氏と、栄〜大須あたりで、ファッションシューティングを敢行!
果たしてHADA氏の目にとまる、ファッショニスタは存在するのか?!という編集部の心配とは裏腹に、
次々と被写体を写真におさめていく、HADAのギラリ光る眼はまるで狩人のようだったことは言うまでもありません。。。さすがです!
・・・
ということで、HADAさんの気の利いたコメント付きでどうぞ!

 

P1050729 (427x640)

なつみさん(21)
京都から来ていた女の子。京都のほんわかした雰囲気が醸し出されています。一緒にいると落ち着く系のファッションですね。

 

P1050752 (427x640)

ともえさん(??)&のぶえさん(??)
一見地味ですが、相当高度なコーディネイトが施された隠れオシャレさん。味わい深い雰囲気が醸し出されています。

 

P1050788 (427x640)

由希さん(??)
自分の中の原宿のオシャレイメージに限りなく近いです。シンプルかつ重厚。洗練された東京の人を思い出します。

 

P1050832 (427x640)

ぽんさん(20)
大須のショップ店員さん。お仕事の休憩中に撮らせて頂きました。パンクよりのロックンロールスターって感じです。大須の街に溶け込んでました。 

P1050841 (427x640)

ロドリックさん(29)
ど迫力のカッコよさ!原色のズボンが存在そのものを際立たせています。ドレッドヘアにレゲエのソウルを感じます。 

P1050843 (427x640)

牧野さん(20)
思わず息をのむ美しさ。うっとりしちゃいますね。優雅な佇まいに、彼女の回りだけ時空が止まっているかのようです。

P1050826 (427x640)

ももかさん(18)
自分史上最高のオシャレさん発見!ニューヨークのHIPHOPテイスト柄のカーディガン。バッグの素材とスカートの素材を合わせたミラクルコーディネイト。こだわりを感じます。

 

・・・以上です!ご協力いただきました皆様、ありがとうございました〜!・・・

 

第1回を終えての感想は、果たして、ファッションスナップとは何なのか?ファッションとは何なのか?
一見して浅く、しかしながら深〜い、世の中のファッションスナップというものすべてに一石を投じる・・・そんなコーナーにしていけたらな〜と思いました!
お楽しみに〜!

次回のこのコーナーを担当してくれるカメラマンは未定です(笑)。

HADA(はだ)/
名古屋のラッパーであり、映像作家。最近は、映像の方に注力しているのだそう。ローンで買った80万のビデオカメラでシュール且つ、独創的な映像作品を発表中。双葉双一を主人公としたフェイクドキュメンタリー作品は、MOOSICLAB2013選出作品に。MOOSIC LAB 2013 さらに、オカザえもん×6EYESの映像作品はネット上で話題沸騰。最新映画作品「芋」は東京ですでに公開され、近日中に名古屋でも上映されるそうです。

PHOTO & COMMENT : HADA
EDIT : THISIS(NOT)MAGAZINE
撮影日:10/19〜20
撮影場所:SOCIAL TOWER MARKET/unlike./大須通商店街...etc
RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー