instagram
twitter
facebook
ICHIの「古今東西カタコト日記」
VOL.01 | オーストラリア編

TEXT & PHOTO by ICHI

ICHIコラム_

突如始まりました、LIVERARY新連載コラム「古今東西カタコト日記」。

名古屋を飛び出し、いつの間にか世界で活躍中のアーティストであり、ミュージシャンのICHI。先日の凱旋帰国ツアーではまるでまだ日本にいるかのようなひょっこり具合で、相も変わらぬ元気な姿を我々に見せてくれていましたが。何でも楽器にしてしまうユーモアと、不思議で独特な言葉のセンスを持ってして、本当に世界を舞台に渡り歩いているんだな~(お決まりの竹馬に乗って…)ってことが、彼の日常的な非日常な毎日からうっすら見えたり見えなかったり……そんな彼のワールドワイドなダイアリー。

「すいませ~ん、小学生の夏休みの絵日記みたいになってしまいました~」というメールとともに送られてきた、記念すべき第1回目は、オーストラリアで過ごした年末年始のお話でした。

2014.12.27

オーストラリアのブリスベン近郊で年末から年始にかけて6日間行われる野外フェス「 Wood Ford Forlk Festival」に4公演、それぞれ違うスタイルの会場で出演させてもらいました。

このフェスは、地元オーストラリアをはじめ、ヨーロッパ、ブラジル、アフリカ、アジアなど世界各国からのミュージシャンが出演し、音楽だけでなくサーカス、演劇、キャバレー、ダンス、パフォーマンスアート、映画上映、多種ワークショップ、多国籍料理など、子供から大人まで楽しめるわりと大規模なフェスです。

初日はオフ日だったので会場内をウロウロしたり、サーカスを観たりしてました。

image

2014.12.29

会場から15分ぐらい車で走ったところにある宿泊先のトイレ内に今まで見たことのない大きさの巨大グモが住んでいたので、用事は外の草むらで済ませていました。外での用事はとても開放感があり気持ち良かったです。

クモさん、ありがとう。

image

2014.12.30

フェス出演者のアーティストリストバンドをチェックする警備員の方の入れ墨を見て来年は心新たに頑張ろうと思いました。

警備員さん、ありがとう。

image_1

2014.12.31

気温35度前後の中、空き時間に避暑地を求めてフェス会場内の木陰にある砂場に行ったところ、ボディペインティングした先住民アボリジニと思われる方々がディジュリドゥとパーカッションと唄に合わせて踊る儀式的なものが行われていました。

日本人が人前を通るときにやる行為、「ちょっと前を失礼しゃーっす」の動きで槍を向けてる人の前をウロウロする踊りを見物しながら、ふと名古屋に居たときに日本文化が体に染みついたアメリカ人の友人が言っていた事を思い出したのですが、彼が母国に帰ってとあるパーティに出席した際に人前を通る時につい癖で「ちょっと前を失礼しゃーっす」の動きをしていたみたいで、まわりの友人達から「あいつ何やっとんだ気持ち悪い…気でも触れたんか…」って陰口たたかれてたそうです。

でも僕はあの手刀で目の前の空を切り裂きながら歩く行為がわりと好きで国内外関係なく人前を通る時よくやります。

image_1

2015.1.1

フェス最終日の元旦夜は、メインステージでフィナーレを飾るセレモニーが行われました。ざっくりとした内容は、多人数のコーラス隊とバンド演奏に合わせてねぶた祭りの張りぼての人形みたいな巨人形達の心温まる感動劇で、最後は象徴的な太陽の大きなオブジェに火が灯され燃えさかるという感じでした、、たぶん…。

劇中、客席は暗かったのですがラストの燃えさかる炎に照らされて見えた観客達の多さと美しさにたまげて感動しました。
この6日間中、移動やらなんやらであまり他の出演者のライブを観れかったのが残念でしたが、出会った人達みんなフレンドリーで優しく全体の雰囲気も良くて楽しかったので、また機会あったらぜひ行ってみたいです。

image_2

因みに、このフェスでの僕のライブの様子がyoutubeで少し見れます↓

TEXT & PHOTO by ICHI

ICHI1

ICHI(イチ)
名古屋を拠点に活動していたアーティスト。レゲエダブバンド・のうしんとうのメンバーとしても活躍。現在は、奥様でありSSWとしても活躍するアーティスト・レイチェルダッドともにイギリスで暮らしている。スティール・パンやトランペット、竹馬ベース、水の音、本のページをめくる音などなど、音楽の発明家ICHIの手にかかれば、どんな音でもあっという間に、誰も聴いたことがない素敵な音楽に―。会場全体にさっと魔法をかけてしまう、圧倒的にチャーミングでユーモラスなライブ・パフォーマンスは必見。

ICHI from Japan takes the notion of one-man-band to new limits combining handmade instrument inventions with steel-drum, ping-pong balls, tape-loops & more

http://www.ichicreator.com/

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー