instagram
twitter
facebook
糸りとり 第26回・最終回|なるじ あき

_shi_ri_to_ri_ by なるじあき

LOGO_naru1

しりとりと読みます。日頃、糸を使ったり使わなかったりするアーティストの方々に、「糸」を使った作品を制作してもらい、作品タイトルを「しりとり」でリレーしていくという、ゆるカッコEコーナーです。

 

第26回目「糸りとり」最終回です。最後は再び、私なるじ あきでサクッと都合良く、締めたいと思います。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

「て」➡『点と線』

26回なるじ1

点と線で繋いで、点が線になる

 

26回なるじ2

始まりは、赤い輪っか
弧を描きながら繋がる糸りとりの輪

26回なるじ3

二年半の全部
糸の軌跡を辿る、一人旅

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 

なるじからごあいさつ

二年半に渡って連載してきた「糸りとり」も、第26回を以て、最終回となりました。まだまだ続けたい気持ちもあるけど、春に終わるのが晴れやかで良いかなと。

最終回の糸作品タイトルは、レイキンさんの「て」を受けて、「点と線」に。
最後に糸たちも繋げたくて、毎回作品と一緒に糸や欠片を、少し分けて貰っていました。どういう形で繋げるかは決めていなくて、手始めに「あ」から始まった私の「赤い輪っか」を編んでみた。
そしたらぐるぐると弧を描くイメージと「点と線」という言葉が浮かんできました。
赤い輪っかが連なって、糸りとりの輪が繋がっていく当時のイメージともリンクするし、言葉もお後がよろしい感じだし。そこからは、一つ一つ順番に作品を眺めながら、糸の軌跡を辿る一人旅のように繋げていきました。

点と線で繋いで、点が線になる。

こうして改めて振り返ってみて、こんな最高の繋がりで続けてこれたことに、自分が一番驚いています。これもひとえに、アーティストの方々のご協力あってのこと。本当にありがとうございました!

そして、タイトル題字をデザインして下さった遠山さん、無茶なお願いを聞いてくれてありがとう。

そしてそして、糸りとりを見て下さった皆様、機会を与えてくれたLIVERARY編集部、ありがとうございました!
あっという間の二年半、とても楽しかったです。またどこかで〜!

 

なるじ あき

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

「ん
はい、おしまい。

 

これまでの糸りとり

第1回「あ」➡『赤い輪っか』なるじ あき(2013.11.05 UP)
第2回「か」➡『風立ちぬ』遠山 敦(2013.12.01 UP)
第3回「ぬ」➡『ヌクアロファ』TMTM/Tomoe Miyazaki(2013.12.28 UP)

第4回「あ」➡『あたらしい家』松尾ミユキ(2014.2.2 UP)
第5回「え」➡『えびでたいをつる』田口美早紀(2014.3.4 UP)
第6回「る」➡『ルウェンゾリの山男』wassa(2014.4.7 UP)
第7回「こ」➡『コイル』都筑 晶絵(2014.4.29 UP)
第8回「る」➡『留守の部屋』Nobue Miyazaki(2014.6.5 UP)
第9回「や」➡『やみよやまねこやすみの国』鈴木 いづみ(2014.7.5 UP)
第10回「に」➡『二期作』塩川 いづみ(2014.8.3 UP)
第11回「く」➡『鯨のランプ』nakaban(2014.9.6 UP)
第12回「ぷ」➡『プレイバック』山口 洋佑(2014.10.3 UP)
第13回「く」➡『空中分解』狩野 岳朗(2014.11.4 UP)
第14回「い」➡『意図的な神の意思』村橋 貴博(2014.12.4 UP)
第15回「し」➡『short short show』fancomi(2015.2.3 UP)
第16回「う」➡『』藤田 道子(2015.3.12 UP)
第17回「み」➡『水揚げされた切り身』松井 一平(2015.4.18 UP)
第18回「み」➡『ミンティ』前田 ひさえ(2015.6.5 UP)
第19回「い」➡『いつもの』井本 幸太郎(2015.8.2 UP)
第20回「の」➡『野武士』大橋 裕之(2015.9.1 UP)
第21回「し」➡『親友』片岡 メリヤス(2015.10.1 UP)
第22回「う」➡『噓』FLANGER maki(2015.11.8 UP)
第23回「そ」➡『ソニアリキエルです。』佐藤 紀子(2015.12.2 UP)
第24回「す」➡『スケスケ』間芝 勇輔(2016.1.3 UP)
第25回「け」➡『ケンカをやめて』多田玲子(2016.2.12 UP) 

PROFILE

12802794_910910795683652_216588408609760734_n

成地 亜紀/AKI NARUJI
名古屋市在住。
1998年より、糸を編んだアクセサリーを日々制作。 著書「かぎ針で、可愛い大人のアクセサリー」主婦の友社

http://www.naruji.com

https://www.facebook.com/narujiaki/

 


…はい!という訳で、
この二年半の糸の軌跡を一度にご覧頂ける、『糸りとり展』を開催致します!

shiritori_liverary

「糸りとり展」 at  ON READING

2016年4月13日(水)~4月25日(月)

名古屋を中心に東海地方のカルチャートピックを紹介・提案するWEBマガジン「LIVERARY」で、糸編みアクセサリー作家のなるじあきが2年半に渡り連載してきた「糸りとり」。

日頃、糸を使ったり使わなかったりするアーティストの方々に、「糸」を使って作品制作して貰い、そのタイトルを「しりとり」でリレーしていくという、この企画で生まれた作品の展示販売と(一部非売)、ZINEの部数限定販売を致します。
大原大次郎 氏による「糸」コトバッチの販売も致しますよ〜!
他では、見られない糸作品の数々、お見逃し無く!

<参加アーティスト>
なるじ あき / 遠山 敦 / Tomoe Miyazaki / 松尾 ミユキ / 田口 美早紀 / wassa / 都筑 晶絵 / Nobue Miyazaki / 鈴木 いづみ / 塩川 いづみ / nakaban / 山口 洋佑 / 狩野 岳朗 / 村橋 貴博 / fancomi / 藤田 道子 / 松井 一平/ 前田 ひさえ / 井本 幸太郎 / 大橋 裕之 / 片岡メリヤス / FLANGER maki / 佐藤 紀子 / 間芝 勇輔 / 多田 玲子 ※糸りとり順

SPECIAL LIVE
4月23日(土)19:00〜 ※投げ銭ライブ(入場無料/ご予約不要)
テライ ショウタ(Gofish/NICE VIEW) × 西本さゆり(Ett/GUIRO) しりとりライブ

何やらお互いに歌でしりとりしていく模様。
2人にとっても未知な試み、果たして無事「ん」で終わるのか、終わるつもりなのか!? 是非。

WORKSHOP
4月21日(木)& 24日(日)10:30〜12:00
なるじの糸工作ワークショップ 「糸と布のコラージュハンカチ」
講師:なるじ あき
料金:2,500円
定員:各回6名
※要予約:ON READINGお申し込みフォームより受付中!
http://onreading.jp/exhibition/

 

企画/ディレクション:成地 亜紀

題字:遠山 敦

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー