instagram
twitter
facebook
FEATURE / 特集記事 Aug 29. 2016 UP
港まちに現代アートとクラシック音楽が再び集う…。
「アッセンブリッジ・ナゴヤ2016」本祭が今秋開催。
アート部門の見どころをピックアップ!

名古屋港〜築地口エリア一帯(愛知|港区)

th_AN2016_web_0826

 

FEATURE:

Assembridge NAGOYA 2016

Text&Edit : Takatoshi Takebe [ THISIS(NOT)MAGAZINE, LIVERARY ]  &  Mao Ito [ LIVERARY ]

 

プレイベントも好評だった、音楽とアートが街中に溢れるイベント「アッセンブリッジ・ナゴヤ2016」が、9月22日(木)~10月23日(日)の期間で開催される。会場は、名古屋港~築地口エリア。

「Assembridge(アッセンブリッジ)」とは、〈集める〉〈組み立てる〉などの意味をもつ「Assemble(アッセンブル)」と、「Bridge(ブリッジ)」を組み合わせた造語。コンサートホールや美術館ではなく、いつもの〈まち〉が会場となり、クラシック音楽や現代アートが人々や風景とまざり合う様子を楽しむことができる。

会期初日から4日間となる9月22日(木)〜9月25日(日)はクラシック音楽がまちを彩る。海の見えるガーデンふ頭に特設ステージ「水の劇場<ヴァッサービューネ Wasser Bühne>」が出現し、名古屋フィルハーモニー交響楽団ジャン=マルク・ルイサダなどによる野外コンサートが開催される。港まちの雰囲気を感じながら、一流のクラシック音楽を鑑賞できる特別なロケーションで、新たな感動を体感できるはず。そのほか、ポートハウス、名古屋港ポートビルなどエリア内の各会場にて、総勢200名のアーティストによる公演を予定。キッズプログラムも企画されており、家族で気軽に楽しむことのできるコンサートとなっている。

 

AssembridgeNagoya

名古屋フィルハーモニー交響楽団

 

そして、9月22日(木)~10月23日(日)の約1ヶ月間を通して、アート部門となる現代美術展「パノラマ庭園─動的生態系にしるす─」が開催される。名古屋港界隈をひとつの庭に見立て、アーティストや作品がまちに入り込むことによって、まち全体を作庭するような展示が繰り広げられる企画展。港まちのリサーチを元にした新作が多数発表される他、ワークショップやトーク、イベントなど国内外18組のアーティストが参加する。

 

1

2

イベント情報

2016年9月22日(木)〜10月23日(日)
Assembridge NAGOYA 2016
会場:名古屋港〜築地口エリア一帯
休館日:9月26日(月)、10月3日(月)、10月11日(火)、10月17日(月)
※名古屋港ポートビル展示室は10月17日(月)のみ休館
主催:アッセンブリッジ・ナゴヤ実行委員会
構成団体:名古屋市、港まちづくり協議会、名古屋港管理組合、(公財)名古屋フィルハーモニー交響楽団、(公財)名古屋市文化振興事業団
問:アッセンブリッジ・ナゴヤ実行委員会事務局
名古屋市港区名港1-19-23 港まちポットラックビル
TEL 052-654-7039(受付11:00〜19:00)
http://www.assembridge.nagoya

【音楽部門】
2016日9月22日(木)〜9月25日(日)
ピクニックに出かけるように、港まちで音楽を。
港まちに、総勢200名の奏者が集結!

会場:つどいの広場特設会場 水の劇場<ヴァッサービューネ>、名古屋港ポートビル、ポートハウス、港橋広場公園、名古屋港水族館、港まちポットラックビル、港まちの喫茶店、居酒屋 ほか
出演者:名古屋フィルハーモニー交響楽団、ジャン=マルク・ルイサダ、ミシェル・ベロフ、円光寺雅彦、なぎさブラスゾリスデン、三浦一馬、村治奏一、中部フィルハーモニー交響楽団、セントラル交響楽団、茂木大輔、大宮臨太郎、島田真千子、宮坂拡志、朴葵姫、赤坂智子、高橋礼恵、辻本怜、山根一仁、今峰由香、岩崎洵奈、名古屋ダブルリードアンサンブル、名古屋アカデミックウインズ、愛知室内オーケストラ、Arion Saxophone Quartet、弦楽アンサンブルフルール、Nuovo anno、La la quart、Fleurs、トリオ de ブランチ、Trio Reson、ISSAKU & SACCO、加藤恵利子、佐藤光、佐野功枝、安田祥子、吉田絵奈、KASH ほか
料金:無料 ※ヴァッサービューネでは一部サポーター席(有料)、ポートハウスの公演ではアッセンブリッジサポーター限定公演があります
企画:中村ゆかり

【アート部門】
2016年9月22日(木)〜10月23日(日)
パノラマ庭園─動的生態系にしるす─
会場:港まちポットラックビル、旧・名古屋税関港寮、名古屋港ポートビル、ボタンギャラリー、旧・潮寿司 ほか
時間:11:00〜19:00
パスポート料金:700円(「あいちトリエンナーレ2016」のチケット提示で600円)
※名古屋港ポートビル展示場入場券を含む
※中学生以下は無料(名古屋港ポートビル展示室はのぞく)
※パスポートは、ご本人に限り会期中何度でも入場可(名古屋港ポートビル展示室は1回のみ)
参加アーティスト:碓井ゆい、臼井良平、L PACK.、遠藤俊治、オル太、城戸保、クリス・チョン・チャン・フイ、コラクル+渡辺英司、ゴードン・マッタ=クラーク、下道基行、鈴木悠哉、玉山拓郎、徳重道朗、トラベルムジカ、中尾美園、ヒスロム、山本聖子
企画:服部浩之、MAT, Nagoya(吉田有里、青田真也、野田智子)

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事