instagram
twitter
facebook
FEATURE / 特集記事 Nov 11. 2017 UP
【SPECIAL REVIEW】
名古屋の歴史文化が街中に溢れ出す「やっとかめ文化祭」。
大橋裕之とLIVERARYが気になる10イベントを選出。ゆる〜く漫画でレビュー。

FEATURE:やっとかめ文化祭2017|2017年10月28日(土)~11月19日(日)

 

名古屋の街中を舞台に、地元・名古屋の歴史や文化について学びと再発見を与える「やっとかめ文化祭」。今年で5回目の開催となる今回も「まち歩きなごや」「まちなか寺子屋」といった人気の体験型企画から、商店街の路上やショッピングモールで歌舞伎や狂言が上演される「芸どころまちなか披露」、より奥深く“芸”を体験できる「芸どころ名古屋舞台」などさまざまな企画が同時多発的に行われる。

前回掲載記事はコチラ→ 迫力満点のストリート歌舞伎に辻狂言、「ブラタモリ」出演の案内人によるまち歩きも。歴史文化が育んだ名古屋の魅力が溢れ出す「やっとかめ文化祭2017」今年の見どころをピックアップ!

今回、LIVERARYでは「イベントが多過ぎてどれを見に行ったらいいのかわからない〜」という「やっとかめ文化祭」ビギナーに向けて、まずは足を運んでみてほしい!という思いを込めて、漫画家・大橋裕之とともに “最も気になる10企画”をセレクト!大橋さんが空想で描いたイメージ漫画とともに一挙ご紹介。あなたもこれを見れば、きっと気になるイベントが出てくるはず。ぜひ、実際に足を運んでみて。

 

SPECIAL REVIEW:

やっとかめ文化祭2017

Comic:Hiroyuki Ohashi
Coordinate, Text & Edit : Takatoshi Takebe [LIVERARY / THISIS(NOT)MAGZINE]

 
01.
ストリート歌舞伎
 
イオンモールや商店街で歌舞伎が見れるなんて、かなり斬新。右端に何となく、最近『イオン』って曲がYouTubeで話題のラッパー・JEVA君を思い出して描いてみました。歌舞伎の公演とは全く関係ないです。
 
11月12日(日)13:00~
会場:イオンモール熱田
11月19日(日)13:30~
会場:円頓寺商店街ナゴヤ座付近
http://yattokame.jp/2017/hirou/hirou02
 
 
 
02.
棒の手
 
謎の競技?神事?「棒の手」。痛そう。格闘技好きとしては、これは見てみたいかも。
 
11月11日(土)13:00~
会場:名古屋城二之丸広場
11月18日(土)14:00~
会場:円頓寺商店街ナゴヤ座付近
http://yattokame.jp/2017/hirou/hirou18
 
 
03.
時の庭 The End, or Beginning

 
この琵琶法師さん、すっごくモテそうだな〜って思いました。
 
11月15日(水)
光の切り絵(17:30~19:30)
薩摩琵琶と舞踊(18:30~)
会場:白林寺境内(名古屋市中区栄3-25-18)
料金:無料
http://yattokame.jp/2017/hirou/hirou06
 
薩摩琵琶 友吉鶴心
東京浅草生まれ。幼い頃より様々な伝統芸能を学び、薩摩琵琶を鶴田錦史に師事。祖父の名跡を世襲。文部大臣奨励賞・NHK会長賞等を受賞。NHK大河ドラマの芸能指導など幅広く活躍。台東区〈たいとう観光大使〉就任。日本大学芸術学部音楽学科講師。
 
 
 
04.
猩々
 
南区のお祭りで定番の巨人らしくて、子供のケツを追いかけひたすら叩くらしいです。
 
11月19日(日)時間未定
会場:円頓寺商店街ナゴヤ座付近
http://yattokame.jp/2017/hirou/hirou21
 
 
05.
トランス能 1/fのゆらぎ~ろうそくで照らす物狂いの世界~

蝋燭の炎が揺らめく中で、怖い話聞かされるのも、「トランス能」ってタイトルもかなりヤバそう。
 
11月18日(土)14:00(開場13:30)
場所:名古屋能楽堂
料金:一般 3,000円/学生1,500円(全自由席)
http://yattokame.jp/2017/nagoyabutai/nagoyabutai04
 
 
06.
茶道体験イロハとニホヘト
 
初心者向けの茶道体験。怖い先生じゃないといいな〜。
 
11月12日(日)
①イロハ(未経験者限定) 9:30~11:30
②イロハ(未経験者限定) 13:00~15:00
③ニホヘト(ほぼ初心者向け)16:30~18:30
会場:庄司文化芸術研究所(名古屋市千種区今池3-1-20)
料金:3000円
定員:20名
講師:庄司宗文(茶道裏千家淡交会愛知支部連合会書記長)
http://yattokame.jp/2017/terakoya/749.html
 
 
07.
八雲木彫り熊の世界
 
いろんなタイプの木彫りの熊があるらしいです。フライヤーに使われているものは、全然熊には見えなくて、ただの木の塊に見えました。
 
11月12日(日)14:00〜15:30
会場:ON READING ギャラリー(名古屋市千種区東山通5-19 カメダビル2B)
料金:1,000円(ドリンク・八雲町のお菓子付き)
定員:30名
講師:大谷茂之(八雲町郷土資料館・木彫り熊資料館学芸員)
http://yattokame.jp/2017/terakoya/770.html

 
※ON READINGギャラリーでの展示は、11月20日(月)まで。
 
 
 
08.
てくてく銭湯・中川区荒子温泉のご近所さんぽ
 
ガイドの加美(かみ)さんがとにかく気になります。
 
11月18日(土)13:30~15:30
参加費:500円
集合:地下鉄東山線「高畑」駅 4番出口地上
解散:荒子温泉
ガイド:加美秀樹
http://yattokame.jp/2017/machiaruki/1007.html
 

ガイドの加美秀樹さん。どう見ても気になる存在。
 
 

 

09.
河童伝説の地や国登録有形文化財筧家住宅をめぐる

開発が進んでいる名古屋駅エリアのとある裏道にひっそり「河童(かっぱ)の像」があるらしいです。工事の邪魔者扱いされていないといいんだけど。
 
※こちらのツアー(http://yattokame.jp/2017/machiaruki/964.html )は残念ながら既に終了。しかし、このツアーと同じガイドさん(吉岡幸夫さん)が務める別のツアーはありますので、そちらもぜひチェックしてみて。
 
天下人・秀吉と、築城の名手・清正が生まれた地 
11月17日(金)9:30~11:30
ガイド:吉岡幸夫
 
 
 
ガイドの吉岡幸夫さん。いい人そう。
 
 
10.
ナゴヤ面影座

第三講 「量子の国のアリス ~目に見える世界は「おもかげ」か~」
 
「やっとかめ文化祭」って歴史とか伝統とかだけかと思ったら、この公演では宇宙の話が聞けるらしいです。どういう話の持っていき方をするんだろう。
 

11月11日(土)14:00〜17:00
場所:日本福音ルーテル復活教会 (名古屋市東区徳川町2303)
料金:1500円
企画制作:番器・小島伸吾/協力:編集工学研究所
講師:佐治晴夫
http://yattokame.jp/2017/special/special01

 

佐治晴夫
理論物理学。1935年東京生まれ。理学博士。東京大学物性研究所、松下電器東京研究所、ウィーン大学などを経て、玉川大学、宮城大学教授、鈴鹿短期大学学長などを歴任、現在、同大学名誉学長。無からの宇宙創生に関わる「ゆらぎ」の理論研究、地球外知的文明探査などで知られる。宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙連詩編纂委員会委員長、日本文藝家協会所属。大阪音楽大学客員教授。北海道・美宙(MISORA)天文台台長。

 

 

※漫画はすべて、大橋裕之とLIVERARYで制作した、あくまでイメージ画となります。実際のイベント内容とは異なる場合がありますので、その目でお確かめ下さい。

イベント情報

2017年10月28日(土)~11月19日(日)
やっとかめ文化祭2017
会場:名古屋市内一円
主催:やっとかめ文化祭実行委員会(名古屋市(文化振興室・観光推進室・歴史まちづくり推進室)、(公財)名古屋市文化振興事業団、(公財)名古屋観光コンベンションビューロー、中日新聞社、名古屋観光ブランド協会、特定非営利法人大ナゴヤ・ユニバーシティ・ネットワーク
問:
やっとかめ文化祭実行委員会事務局 (担当)藤井、伊藤
名古屋市中区三の丸三丁目1番1号 名古屋市観光文化交流局文化歴史まちづくり部文化振興室内
TEL:052-972-3172
MAIL:m.ito.18@city.nagoya.lg.jp

NPO法人大ナゴヤ・ユニバーシティ・ネットワーク (担当)大野、山田
名古屋市中区大須3-42-30 ALA大須ビル201
TEL:052-262-2580
MAIL:info@yattokame.jp

詳細:http://yattokame.jp/

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事