instagram
twitter
facebook
DIY女子必見!「繊維の街」一宮のレトロビルにて、1日だけの素材マーケット開催

2015.04.29.Wed | 尾西繊維協会ビル(一宮)

rm

一般には流通しないデッドストックの布地、糸、ボタンなど様々な素材が並ぶマーケット「アール・マテリアル・プロジェクト 2015」が4月29日(水祝)に一宮市の尾西繊維協会ビルにて開催される。

尾張西部地方(尾州)は古くから繊維産業で栄えてきたエリア。現在も、ウールや綿麻など、様々な繊維が作られている。同イベントでは、産地ならではの製造途上のサンプルや、ごく小さなキズで出荷されなかった反物などの「眠れる素材」を、地元企業の協力を得て、展示販売する。普段は手に取ることができないプロ用素材の上質なデッドストック品も実際に触れて購入することができる貴重な機会となっている。

会場は昨年に続き、築82年のレトロな雰囲気が残る繊維協会のビル。当日は素材のマーケットに加え、素材を衣服やアクセサリーに仕立てたオリジナル作品の展示や、撮影イベント、建築そのものも楽しめる。現在も多数の海外、国内のアパレルやメゾンにテキスタイルを提供する「繊維の街」一宮の新しい価値や可能性を発見できるだろう。

rm1

イベント情報

4月29日(水・祝)
アール・マテリアル・プロジェクト2015
時間:11:00~17:00
会場:尾西繊維協会ビル 愛知県一宮市栄4-5-11

入場は事前登録が必要です。
Peatixでチケット(無料)を入手して、当日受付で提示して下さい。
http://rrr2015.peatix.com/

http://rrr-material.jp/

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー