instagram
twitter
facebook
名古屋渋ビル手帖【中産連ビル特集号】発売記念。モダニズム建築の隠れた名作「中産連ビル本館」で落語会を開催!屋上庭園見学会も。

2015.06.07.Sun | 中産連ビル(白壁)

image01

LIVERARYでコラムを執筆している名古屋渋ビル研究会が、リトルプレス「名古屋渋ビル手帖 中産連ビル特集号」を5月9日(土)に発売。
これを記念して、名古屋のモダニズム建築の名作「中産連ビル」で落語会を6月7日(日)に開催する。
 
会場となる中産連ビルは、ル・コルビュジエに師事し日本のモダニズム建築を牽引してきた建築家、坂倉準三氏が設計を手掛けた名古屋の隠れた名建築だ。
竣工から50年幾経った現在もなお、白壁の地でビル管理者と地域の人々に愛されながら品格を重ねて佇んでいる。
 
落語会が開催される4F会議室は、美しい屋上庭園が眺められる大空間。
終演後には庭園見学会も開催され、普段は立ち入りできない屋上に出られる貴重な機会となっている。
2015年夏に屋上防水工事が予定されているため、庭園はこれで見納めとなる。

image02
image03

参加者には渋ビル時代のコーヒーをイメージしたオリジナルブレンドコーヒー豆(by PANDA Coffee Roasters)のお土産も<数量限定>。
落語を嗜みながら、渋やかな場所で渋やかなひとときを。

イベント情報

6月7日(日)
ビル落語会@中産連ビル
会場:中産連ビル本館 4A室 名古屋市東区白壁3丁目12-13
時間:13:30開場 /14:00開演
料金:1,500円(小学生以下無料/渋ビルブレンドコーヒー豆のお土産つき)
出演:南遊亭栄歌(http://www.ztv.ne.jp/eika/)、槍田家志ょ朝(http://blog.livedoor.jp/syotyou3/
主催:名古屋渋ビル研究会
ご予約・お問い合わせ:https://shibubuilding.themedia.jp/posts/49846/

名古屋渋ビル研究会
寺嶋梨里と謡口志保による名古屋の渋いビルを愛でる会。 月一回程度、街歩きしながら2人の琴線に触れた渋ビルを褒めたり撮影したりする。 ※「渋ビル」は基本的に2人の主観によるものです。 http://shibubuilding.themedia.jp/

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー