instagram
twitter
facebook
経年変化まで美しい木工と金工の作品が並ぶ、富井貴志と竹俣勇壱の2人展がAnalogue Lifeで開催。

2015.09.25.Fri - 10.04.Sun | Analogue Life(愛知|瑞穂区)

AL15_B5Y_2ori_inside

瑞穂区にあるAnalogue Lifeで9月25日(金)〜10月4日(日)、木工作家の富井貴志と金工作家の竹俣勇壱の2人展が開催される。

富井貴志は新潟県長岡市で制作を行う木工作家で、同店では初の展示。 手に取ったときに自然とほほえみを誘うものや、まっさらな状態から擦り切れるほど長く使い込んだ時により趣を増すもの。そんな心地よいものづくりができたらと日々制作に励む。1つ1つ手彫りで作られる器は、独特の温かみをもつ。

竹俣勇壱は金沢で活動する金工作家で、同店では今回が二度目の展示。アクセサリーの制作から金工の世界に入り、素敵な器と相性のよいカトラリーが見つからず自ら制作をはじめたのをきっかけに、数々の美しいカトラリーやプレートなどを生み出している。

木と金属という全く異なる素材で作り出される2人の作品たちが、同店の落ち着いた日本家屋の空間の中でどのように並べられるのか、楽しみな展示だ。なお、26日(土)は作家の両氏が在廊する予定。

 

イベント情報

2015年9月25()~10月4() 
富井貴志/竹俣勇壱 2人展
会場:Analogue Life (名古屋市瑞穂区松月町4-9-2-2F)
営業時間:12:00~19:00(企画展中のみ。通常は12:0018:00)
※期間中9月29日(火)休み
問:TEL 090-9948-7163
http://www.analoguelife.com/index.html

posted by LIVERARY

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー