instagram
twitter
facebook
三重県大台町の森林組合がつくるブランド『Odai』の展示会が名古屋と松阪で開催。出張レストランやharuka nakamuraのライブも。

2017.11.10.Fri - 11.26.Sun | ferme studio(愛知|一社)、RESTAURANT CULTIVATE(三重|松阪)

 

日本一の清流「宮川」が流れ、原生に近い自然が残る日本三大渓谷「大杉谷」のある三重県大台町。その豊かな「自然」をかたちにしたブランド「Odai」の受注会&販売会が、11月10日(金)から12日(日)に名古屋・ferme studio、11月18日(土)から26(日)に松阪・RESTAURANT CULTIVATEで開催される。

今回展示されるアイテムは、ヒメシャラの木を使ったディフューザーやブックエンド、杉材のブロックなど。名古屋会場では、松阪からレストラン カルティベイトと、空間と食事を提供する場を創り出す団体プレオープンズの出張レストランが催され、松阪会場では、コンセプト映像の音楽を担当した音楽家 haruka nakamuraが、この日のために用意された大台町の映像インスタレーションにあわせて演奏するイベントも。また、プロジェクトメンバーによるトークショーも開催される。

イベント情報

2017年11月10日(金)~12日(日)
Odai 2018受注会&販売会
会場:ferme studio  名古屋市名東区一社1-8
時間:11:00〜18:00
11月10日(金)レストラン カルティベイト(昼:11:30〜14:00 夜は予約制)
11月11日(土)、12日(日)プレオープンズ(12:00〜18:00)

問:052-734-2595
http://frme.jp/
 
2017年11月18日(土)~26日(日)
Odai 2018受注会&販売会
会場:RESTAURANT CULTIVATE 三重県松阪市嬉野下之庄町1688−5
時間:11:30〜16:30 (※11月22日、23日は close)
11月23日(木祝) haruka nakamura Live(18:00 / 開演:18:30)
haruka nakamuraライブチケット予約:https://t.livepocket.jp/e/20171123_cultivate
問:0598-31-2088
http://www.cultivate.jp/

 
 

Restaurant Cultivate|レストランカルティベイト
三重県松阪市嬉野。森と畑に囲まれた緑豊かなこの街に私たちのレストランがあります。耕した大地が多くの実りをもたらすように。この場所から、たくさんの「楽しい」が生まれますように。Cultivate(耕す)という名前をつけたのはそんな願いからです。
http://www.cultivate.jp/

プレオープンズ
今まで光が当たらなかった場所や、これからスタートしていく場所にスポットを当て、その存在を認知してもらうための多種多様な経験を持つ料理人や空間デザイナー・バールマンを中心にゼロからの空間と食事を提供する場を創り出す団体。第1回は、名古屋黄金エリアにあるビルにて「一夜限りの黄金商店街と月灯りの移動劇場」と称して開催。第1回にも関わらず来場者は500人を超える。現在は一宮の老朽化が進んでいるノコギリ屋根工場での活動を地域の方と共の模索中。
https://www.instagram.com/preopen.s/

haruka nakamura
音楽家/青森県出身。最新作「光」は、PIANO ENSEMBLE編成により行われたTOURの集大成。東京カテドラル聖マリア大聖堂、広島世界平和記念聖堂に代表される教会、重要文化財などを中心に、海外公演も含めたロングツアーを敢行。ツアー中には目黒パーシモン大ホールで行われた「THE PIANO ERA」にも出演した。代表作はnujabesと共作した「lamp」、写真家 奥山由之がMV監督を手掛けた「arne」など。コラボレーションでは、坂本美雨 with CANTUS、畠山美由紀、まじ娘、Aimerなどの楽曲をプロデュース、MV、remixなども手掛ける。2016年、NHK BSプレミアム「ガウディの遺言」の音楽を担当。自身の楽曲が原題となり製作された映画「every day」が公開。CITIZEN、SONY、BOTANISTなどのCM音楽、映像との共作も。ソロ活動と並行して、青木隼人、内田輝との「FOLKLORE」による旅を続けている。
www.harukanakamura.com

posted by Y.KURODA

RELATED
あなたにオススメする関連記事


PICK UP
特集・ピックアップ記事

LATEST
特集・ニュースの最新記事

RANKING
今読まれている記事

COLUMN
最新の連載コラム記事

REVIEWモノ・コト・ヒトのレビュー